ルオ語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルオ語
Dholuo
話される国 ケニアの旗 ケニア
タンザニアの旗 タンザニア
地域 ケニア西部(ビクトリア湖東岸部)およびタンザニア北部
母語話者数 300万人
言語系統
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-2 luo
ISO 639-3 luo
テンプレートを表示

ルオ語(Dholuo)は、ナイル・サハラ語族西ナイル語群に属する言語である。話者はケニアニャンザ州タンザニア北西部などに主に居住するルオ族の人々である。その話者数はおよそ300万人であり、地域としてはビクトリア湖東岸の一部およびそこから南の地域である。ルオ語は、ケニア放送株式会社 (KBC) などで放送に使用されている。

ルオ語はウガンダランゴ語アチョリ語ジョパドラ語英語版 (Japadhola/Dhopadhola) と言語分類的に近い関係にある。スーダンで話される西ナイル語群のルウォ語英語版(Luwo)と混同してはいけない。ウガンダではランゴ語、アチョリ語などのナイル系南部ルオ諸語ルオ語と呼ぶが言語学的に厳密に分けたい時には違いがあるので注意の必要がある。

脚注[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]