ルイス・デ・ナルバエス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルイス・デ・ナルバエスLuis de Narváez, 1500年ごろ - 1555年から1560年の間)はスペイン作曲家。第一に声楽ポリフォニー、第二にビウエラの作曲家であったが、しかしながらこんにちでは、ビウエラの作曲家としての知名度が段違いに強い。

『ビウエラ曲集 全6巻 Los seys libros del Delphin de música de cifra para tañer vihuelá 』は1538年バリャドリッドで出版された。この曲集は、声楽ポリフォニーの器楽曲への編曲だけでなく、イタリア音楽を模範にした大多数のファンタジアが含まれており、次世代のディフェレンシアス(歌謡主題に基づく変奏曲)の発展に有力な影響を及ぼした。

ナルバエスは当初はカルロス1世ならびにレオンの司令官フランシスコ・デ・ロス・コボスの秘書官として奉職し、ナルバエスの出版作品は後者に献呈されている。1548年からフェリペ2世の宮廷に仕えた。

ナルバエスの最も有名な作品は、「皇帝の歌 La Canción del Emperador」ことジョスカンのシャンソン《千々の悲しみ Mille regretz》に基づくディフェレンシアスと、ビウエラ伴奏歌曲Paseavase el rey Moro》である。数々のモテットのうち2曲が、1539年1543年フランスリヨンで出版されている。

19世紀になって、途絶えていたビウエラの製造技術と演奏技術が復興されてから、エミリオ・プジョル(エミリオ・プホル)は2巻のナルバエス作品集を校訂し(1945年)、これを権威ある叢書『スペイン音楽大全 Monumentos de la música española』の一部として出版した。