リンク・バブカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リンク・バブカ Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム Richard Aldrich Babka
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
種目 円盤投
生年月日 1936年9月23日(77歳)
生誕地 ワイオミング州シャイアン
編集 テンプレートのヘルプを表示する

リンク・バブカ(Richard ("Rink") Aldrich Babka、1936年9月23日 - )は、アメリカ合衆国の陸上競技選手。1960年代に活躍した男子の円盤投の選手で、1960年ローマオリンピックの銀メダリストである。ワイオミング州シャイアン出身。

経歴[編集]

バブカの両親はチェコスロバキアボヘミア地方の出身である。バブカは、ワイオミング州出身であるが12歳のときに家族とともに、カリフォルニア州のサンフランシスコ郊外のパロアルトに移住。パロアルト・ハイスクール時代は、アメリカンフットボールバスケットボール野球そして陸上競技で学校のスターであった。1954年にハイスクールを卒業後、自宅近くのメンロカレッジに進学。ここでの活躍ぶりに目が留まり、複数のスポーツでの勧誘を受け南カリフォルニア大学(USC)へ進学する。USCではひざをけがしたことからアメリカンフットボールとバスケットボールをあきらめざるを得なかったが、円盤投の選手として世界のトップ選手へと成長していった。

バブカは、ローマオリンピック直前の1960年8月12日に、ポーランドのエドムンド・ピオントコフスキの世界記録59m91に並ぶ世界タイ記録を樹立。オリンピックの決勝では、バブカは1投目に58m02を投げトップに立ったが、5投目に同じアメリカのアル・オーターが59m18を投げ逆転。このまま競技は終了し、バブカは銀メダルを獲得した。

ローマオリンピックの後もバブカは世界のトップ選手であり続けたが、再びオリンピックに出場することはできず、1969年に現役を引退した。一方で、金メダルを獲得したオーターは、1968年メキシコオリンピックまで、オリンピック4連勝を果たしている。

主な実績[編集]

大会 場所 種目 結果 記録
1960 オリンピック ローマ(イタリア) 円盤投 2位 58m02
1967 パンアメリカン競技大会 ウィニペグ(カナダ) 円盤投 2位 56m88

外部リンク[編集]