リュドミラ (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リュドミラ
675 Ludmilla
仮符号・別名 1908 DU
分類 小惑星
軌道の種類 小惑星帯
発見
発見日 1908年8月30日
発見者 J. H. メトカーフ
軌道要素と性質
元期:2010年7月23日 (JD 2,455,400.5)
軌道長半径 (a) 2.770 AU
近日点距離 (q) 2.212 AU
遠日点距離 (Q) 3.328 AU
離心率 (e) 0.201
公転周期 (P) 4.61
軌道傾斜角 (i) 9.78
近日点引数 (ω) 151.72 度
昇交点黄経 (Ω) 263.30 度
平均近点角 (M) 349.53 度
物理的性質
直径 76 km
自転周期 7.717 時間
スペクトル分類 S
絶対等級 (H) 7.91
色指数 (B-V) 0.847
色指数 (U-B) 0.444
■Project ■Template

リュドミラ (675 Ludmilla) は小惑星帯にある小惑星。ジョエル・ヘイスティングス・メトカーフがマサチューセッツ州のタウントンで発見した。

Lutz D. Schmadel英語版 の "Dictionary of minor planet names" では、ロシアの作曲家、ミハイル・グリンカが作曲したメルヘン・オペラルスランとリュドミラ』の登場人物で、キエフ大公の娘リュドミラに因んで名付けられたと推測されている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]


前の小惑星:
ラケーレ (小惑星)
小惑星
リュドミラ (小惑星)
次の小惑星:
メリッタ (小惑星)