リパブリック駅 (LIRR)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リパブリック駅: Republic)とはかつて存在したフェアチャイルド (Fairchild Engine & Airplane Manufacturing Company) の従業員および最寄りのリパブリック空港英語版のためのロンコンコマ支線の駅である。この駅は1940年12月9日に開業し、1986年に閉鎖された[1][2]

議論では駅の再開が周期的に表面化している。ファーミングデールからロンコンコマまで複線を追加する現在の計画の一環として、MTAはリパブリック駅の再開を検討している[3]

脚注[編集]

  1. ^ LIRR Station History (TrainsAreFun.com)
  2. ^ Ain, Stewart (2008年5月11日). “Station Site Envisioned as Village”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2008/05/11/nyregion/nyregionspecial2/11transitli.html 2010年2月12日閲覧。 
  3. ^ MTA LIRR Double Track Project - Ronkonkoma to Farmingdale (video)”. Metropolitan Transportation Authority (2013年1月16日). 2013年1月16日閲覧。

外部リンク[編集]

前の駅   MTA NYC logo.svg LIRR   次の駅
ファーミングデール駅 ロンコンコマ支線
(現在または過去の所在地)
パインローン駅

座標: 北緯40度44分25秒 西経73度25分19秒 / 北緯40.74028度 西経73.42194度 / 40.74028; -73.42194