ロンコンコマ支線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
     ロンコンコマ支線
(グリーンポート支線)
ディアーパークを出発する列車
概要
種別 通勤鉄道
系統 ロングアイランド鉄道
現況 運行中
所在地 USAニューヨーク州ナッソーおよびサフォーク郡
起終点 ヒックスヴィル
グリーンポート
駅数 15
運行
開業 1837-1844年
所有者 ロングアイランド鉄道
運営者 メトロポリタン・トランスポーテーション・オーソリティ
路線諸元
軌間

4 ft 8 12

</noinclude> in (1,435 mm)
電化 750V (DC) 第三軌条方式ロンコンコマの西側)

ロンコンコマ支線: Ronkonkoma Branch)とは、アメリカ合衆国ニューヨーク州にあるロングアイランド鉄道 (LIRR) が運行する鉄道サービスである。LIRRの地図や印刷された時刻表では、「ロンコンコマ支線」は同鉄道の本線のうちヒックスヴィル(ここでポートジェファーソン支線英語版が本線から分岐)から東進し同線の終点であるグリーンポートまで走行する列車を指している[1][2]

本線のうちロンコンコマから東の区間は電化されておらず、時々グリーンポート支線 (Greenport Branch) と呼ばれる。平日に9本の列車がこの東の区間をディーゼル電気または電気式ディーゼル機関車を使用して走行する。ディアーパークからリバーヘッドまで運行する1日あたり1本の朝の列車を除き、ロンコンコマを通るすべての旅客がそこで列車を乗り換える。

電化[編集]

1987年にヒックスヴィルからロンコンコマまで延長された電車[3]はロンコンコマ駅で終了している。2本の東行きおよび3本の西行きグリーンポート支線のディーゼル・エレクトリック方式の列車は毎平日ロンコンコマとグリーンポートの間を走行する。追加の2本の西行きおよび1本の東行き列車は毎平日リバーヘッドまで走行し、1本の東行き列車は毎平日ヤップハンクまで走行する。さらに、1本の東行きが午前中にディアーパークとリバーヘッドの間で走行し、主に陪審員による使用を目的としている。グリーンポートへ2往復する季節的な夏の週末のサービスがある。

その路線は現在旧リパブリック駅(イースト・ファーミングデールにあるリパブリック空港付近)とディアーパークの間、またブレントウッドとグリーンポート(各駅に側線あり)の間で単線である。資本計画の一部として、LIRRは、サフォーク郡のパインローン、ワイヤンダンチ、セントラル・アイスリップ、およびセントラル・アイスリップとロンコンコマの間の5マイルの区間で混雑を緩和するために、全区間電化された2本目の線路をファーミングデールからロンコンコマまで建設することを検討している。2012年4月17日にMTAは支線の複線化計画を開始する資金とともに許可を得ており、その計画はイーストサイドアクセスの完了と合わせて2019年に完成する予定である[4]Plans may eventually include further electrification East of Ronkonkoma to as far as Riverhead, due to the possible construction of a new Mid-Suffolk Electric Yard in Yaphank,[5] and the construction and reopening of Republic Station as a transportation hub.[6][訳語疑問点]

ロンコンコマの東のサービスについての論争[編集]

LIRRは、利用者の少なさによる最低限のサービス (minimal service) を理由に、何度かロンコンコマの東側でサービスを中止しようとしている。As recently as 2010, the idea was entertained by the financially strapped MTA (the LIRR's parent company), who proposed that service be truncated to summer weekends only.[訳語疑問点]これは起こらなかったが、夏以外の週末のサービス(メモリアルデー-コロンブス・デーと定義)は中止された。2013年、週末のサービスは感謝祭を通じて4月から運行されるように延長された。

セントラル支線[編集]

いくつかのLIRRの地図もロンコンコマ支線の一部として、ベスページの東でロンコンコマ支線から分岐しより南にあるモントーク支線英語版バビロン英語版のすぐ西で接続する、非電化のセントラル支線を含む。この区間に駅はなく、主にジャマイカからバビロンまで速達で行くディーゼル電気機関車を連結した列車により使用される。列車はロンコンコマ支線の時刻表に記載されているこの線路を使用しない。それらはモントーク支線やバビロン支線に記載され、もし停車場がそこに設定されている場合、いくつかは本線のミネオラとヒックスヴィルの時刻表に記載される。

駅一覧[編集]

駅名/
所在地
ペン・ステーションへの距離
マイル(キロメートル)
接続/備考
ジャマイカやそれより西の地点へ続くサービスは、ポートジェファーソン支線英語版も参照。
ヒックスヴィル バリアフリー・アクセス
ヒックスヴィル英語版ニューブリッジ・ロード英語版とウェスト・バークレー・ストリートの交差点
26.8 (43.1) ポートジェファーソン支線の列車と乗り換え
バス(ナッソー・インターカウンティ・エクスプレス英語版): N20、N20 Limited、N22、N22 Limited、N48、N49、N50、N73、N74、N78、N79、N80、N81
グラマン
ベスページ英語版
1985年11月閉鎖[7]
ベスページ バリアフリー・アクセス
ベスページ、スチュアート・アベニューとジャクソン・アベニューの交差点
29.9 セントラル支線がここで東へ分岐
バス(ナッソー・インターカウンティ・エクスプレス): N81
ファーミングデール バリアフリー・アクセス
ファーミングデール英語版Off Secatogue Avenue, on Front Street and Atlantic Avenue[訳語疑問点]
32.2 バス(ナッソー・インターカウンティ・エクスプレス): N70、N72
ナッソー郡サフォーク郡の境界
リパブリック
ファーミングデール
1987年閉鎖
パインローン バリアフリー・アクセス
パインローン・メモリアル・パーク英語版、ウェルウッド・アベニューとロングアイランド・アベニューの交差点
34.4 バス(サフォーク郡トランジット英語版): S31
ワイヤンダンチ バリアフリー・アクセス
ワイヤンダンチ英語版、ストレート・パスとロングアイランド・アベニューの交差点
36.6 バス(サフォーク郡トランジット): S23、S33、2A、2B
ディアーパーク バリアフリー・アクセス
ディアーパーク英語版、パインエア・ドライブとロングアイランド・アベニューの交差点
38.4 バス(サフォーク郡トランジット): S27
パインエア
ディアーパーク
1986年10月閉鎖
ブレントウッド バリアフリー・アクセス
ブレントウッド英語版、ブレントウッド・ロードとサフォーク・アベニューの交差点
42.8 バス(サフォーク郡トランジット): S27、S41、S45、3A、3B、3D
セントラル・アイスリップ バリアフリー・アクセス
セントラル・アイスリップ英語版、ローウェル・アベニューとサフォーク・アベニューの交差点
45.3 バス(サフォーク郡トランジット): S42、S45、3C、3D
ロンコンコマ バリアフリー・アクセス
ロンコンコマ英語版、ホーキンス・アベニューとジョンソン・アベニューの交差点
50.3 バス(サフォーク郡トランジット): S57、S59、6A、7A
ロングアイランド・マッカーサー空港行きシャトルバン
電化区間はロンコンコマ駅で終了。
ホルブルック
ホルブルック英語版
1962年6月閉鎖(未確認の日付)
ホルツヴィル
ホルツヴィル英語版
1998年3月16日閉鎖
メドフォード バリアフリー・アクセス
メドフォード英語版、メドフォード・アベニュー(ニューヨーク州道112号線英語版)とロングアイランド・アベニューの交差点
56.1 バス(サフォーク郡トランジット): S61
ヤップハンク バリアフリー・アクセス
ヤップハンク英語版、ヤップハンク・アベニューとパーク・ストリーの交差点
60.6 バス(サフォーク郡トランジット): S71
マナーヴィル
マナーヴィル英語版
1968年閉鎖
カルバートン
カルヴァートン英語版
駅は1958年ごろ閉鎖グラマンが使用する海軍武器工業予備工場英語版への分岐線が1990年代初頭に閉鎖。2010年2月、その分岐線を同空港の工業団地に貢献するニューヨーク・アンド・アトランティック鉄道英語版の貨物列車のために350万ドルの再建活動で復活させる計画が発表された。資金は連邦刺激資金から来る。その分岐線は同空港へ向かうコネチカット・アベニューに平行している[8][9]
リバーヘッド バリアフリー・アクセス
リバーヘッド英語版、オズボーン・アベニューとレイルロード・ストリートの交差点
75.3 バス(サフォーク郡トランジット): S58、S62、S90、S92、8A
アケボーグ英語版
アケボーグ英語版
1967年閉鎖(未確認の日付)
ジェームズポート英語版
ジェームズポート英語版
1985年2月4日閉鎖 [1] (PDF)
ローレル英語版
ローレル英語版
1967年閉鎖
マッティタック バリアフリー・アクセス
マッティタック英語版、ラブ・レーンとパイク・ストリートの交差点
84.4 バス(サフォーク郡トランジット): S92
カチョーグ
カチョーグ英語版
1962年閉鎖
ペコニック
ペコニック英語版
1970年閉鎖
サウソールド バリアフリー・アクセス
サウソールド英語版、ヤングス・アベニューとトラベラー・ストリートの交差点
92.1 バス(サフォーク郡トランジット): S92
グリーンポート バリアフリー・アクセス
グリーンポート英語版、ウィギンス・ストリートと4丁目の交差点
96.3 バス(サフォーク郡トランジット): S92
シェルター・アイランド英語版行きフェリー
建設工事のためディーゼル機関車を使用している第8054列車(ファーミングデールにて)

脚注[編集]

外部リンク[編集]