リイシ・オテルマ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

リイシ・オテルマ(Liisi Oterma、1915年 - 2001年4月4日)はフィンランドの女性天文学者である。フィンランドで最初に天文学の学位を得た女性である。

ユルィヨ・バイサラの助手として、小天体の観測を行い、周期彗星38P/ステファン・オテルマ彗星と39P/オテルマ彗星、139P/バイサラ・オテルマ彗星と54個の小惑星を発見した。1938年修士号を取得し、1956年女性として初めて天文学の学位を得た。1962年トゥルク大学の天文学の教授になった。

小惑星(1529)オテルマは彼女の名前から命名された。

外部リンク[編集]