ユルィヨ・バイサラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ユルィヨ・バイサラ(1950年代初頭)

ユルィヨ・バイサラ(Yrjö Väisälä,1891年9月6日(グレゴリオ暦) - 1971年7月21日)はフィンランド天文学者である。現在の北カルヤラ県コンティオラハティKontiolahti)・ウトラ(現在のヨエンスー)出身。姓はヴァイサラとも表記する。兄は気象学者でヴァイサラ社の創業者ヴィルホ・ヴァイサラ1889年-1969年)、弟は数学者のカッレ・ヴァイサラ1893年-1968年)。

バイサラは光学機器の分野で貢献した。光学要素の性能を測定する方法を改良し、初期の高性能なシュミット望遠鏡のいくつかを製作した。シュミット望遠鏡の発明者の一人とされることもある。バイサラの製作したシュミット望遠鏡はトゥルク大学で使われ、小惑星や彗星の探査に用いられた。

128個の小惑星の発見者であり、周期彗星の40P/バイサラ彗星を発見し、139P/バイサラ・オテルマ彗星の発見者の一人である。リイシ・オテルマを始めとする彼のグループは800個以上の小惑星を発見した。

彼の業績を記念して月のクレータと小惑星(1573)バイサラに彼の名前がつけられている。また、バイサラは自ら発見した2802番の小惑星に父ヴェイセルの名を、そしてオテルマが発見した2803番から2805番の小惑星に兄ヴィルホ自分自身、そして弟カッレの名を付けた。

バイサラは、兄弟と共に熱心なエスペランティストでもあった。1968年には国際エスペラント科学者連盟(Internacia Scienca Asocio Esperantista)の総裁を務めた。また、自分で発見した小惑星に(1421)エスペラント、(1462)ザメンホフと命名している。