ランプロファイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ランプロファイア[1](lamprophyre)は、全自形粒状の組織を呈する塩基性火成岩煌斑岩(こうはんがん)ともいう。

斑岩ひん岩と異なり、斑晶角閃石輝石などの有色鉱物である。アルカリ岩質のものが多いが、非アルカリ岩質のものもある。岩脈として産する。

ランプロファイアの分類[編集]

ランプロファイアは、含まれる有色鉱物と無色鉱物の組み合わせによって、表のように分類される。

ランプロファイアの分類[2]
  斜長石 正長石 準長石
黒雲母 ケルサンタイトkersantite ミネットminette オアチタイト(ouachitite)
普通角閃石
普通輝石
スペサルタイトspessartite フォーゲサイトvogesite  
アルカリ輝石
アルカリ角閃石
カンラン石
金雲母
カンプトナイト(camptonite) ソーダミネット モンチカイト(monchiquite)
アルノアイト(alnöite)

日本に産するランプロファイアの多くはスペサルタイトであり、アルカリ岩ではない。

鹿浦越のランプロファイヤ岩脈[編集]

鹿浦越のランプロファイヤ岩脈(かぶらごしのランプロファイヤがんみゃく)は、香川県東かがわ市(旧白鳥町)にある国指定の天然記念物1942年指定)。白色の花崗岩中に黒色のランプロファイアが岩脈として貫入している。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 文部省編 『学術用語集 地学編』 日本学術振興会、1984年、ISBN 4-8181-8401-2。(オンライン学術用語集
  2. ^ 黒田吉益・諏訪兼位 『偏光顕微鏡と岩石鉱物 第2版』 共立出版、1983年、271頁。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]