ラメラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラメラ: lamella)とは、葉緑体のなかにある長く延びたチラコイドのことであり、ある(チラコイドの集合体である)グラナムの中にあるチラコイドを別のグラナムに結び付けている。これらの器官は光合成に携わっている。端的に言えば、ラメラとは、クロロフィルを含むのペアであるとも言える。ラメラは、ポリガラクツロン酸(D-ガラクツロン酸)と炭水化物の混合物で構成されている。ポリガラクツロン酸はペクチンの主成分として知られる。このためポリガラクツロン酸はペクチナーゼに溶解される。

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]