ルーメン (解剖学)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
動脈の解剖学。ルーメンは、上部の空間を言う。
腸壁の一般的構造 Gland (e.g. salivary, liver) 分泌腺(例:唾液腺肝臓)、Muscularis mucosa 粘膜筋板、Submucosa 粘膜下層、Circular muscle 環状筋または輪状筋、Longitudinal muscle 縦走筋、Serosa 漿膜、Lumen 内腔、Peritoneum 腹膜、Mesentery 腸間膜、Brunner's Glands ブルンナー腺、Crypt of Lieberkuhn gland リーベルキューン腺小窩、Tubular gland 管状腺、Villi 絨毛、Mucosa 粘膜
ルーメン(内腔)は真ん中の空間を言う。 

生物学におけるルーメン:lumen、(複数)lumina)とは、動脈などの管の内側の空間のことを言う[1]。広義のルーメンは、小胞体のような細胞構造の内部空間も意味する。

参考[編集]

  1. ^ Stedman's Medical Dictionary, 24th ed.