ラフェイロ・ド・アレンティジョ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
雄のラフェイロ・ド・アレンティジョ

ラフェイロ・ド・アレンティジョ(英:Rafeiro do Alentejo)は、ポルトガル南部(アレンテージョ地方)原産の護畜犬種のひとつである。別名はアレンティジョ・マスティフ(英:Alentejo Mastiss)、アレンティジョ・ハーダー(英:Alentejo Herder)など。

歴史[編集]

生い立ちはよくわかっていないが、ローマ人イベリア半島にやってきた際に一緒に連れてこられた犬が元となっているという説や、その前から現地の遊牧民によって飼育されていたという説などがある。どちらにせよ古くから存在している犬種で、スパニッシュ・マスティフエストレラ・マウンテン・ドッグなどの血を引いている。

主に家畜泥棒などから守る護畜犬として使われていた。家畜に害を与えると見なしたものに対しては、排除の鉄槌を下す。この防衛本能の高さは後に本種自身を絶滅の危機から守ることにつながり、放牧が縮小され、天敵がほぼいなくなって仕事が減った現在も警備犬として使われるようになり、需要が減ることは無かった。

現在はFCIにも公認され、国際的にも知られるようになってきている。しかし、改善されたとはいえ獰猛な一面も残っており、初心者が手懐づけることができないため、あまり国外ではショードング・ペットとしては人気が無い。しかし、作業犬としては人気の高い犬種で、アメリカでは羊がコヨーテに襲われない様にするための護畜犬として輸入が行われている。獰猛な性質があるからといって、必ずしも性質を和らげる必要が無いことを示している犬種の一つであるとされている。

特徴[編集]

マスティフ系の犬種だが、頭部は長めでそれとは形が異なっていて、マズルは先細りである。脚は長めで、他のマスティフ系犬種よりも比較的早く走れるのが利点である。筋肉質のがっしりとした体つきをしていて、力が強い。耳は垂れ耳、尾はふさふさした垂れ尾。コートは厚いショートコートで、寒さに強い。毛色はブリンドル、グリーン・ブリンドル、フォーンなどのいずれか1色を地とし、マズル、ブレーズ、のど、胸部、腹部、足先、尾先などにホワイトのマーキングが入ったものなど。体高は雄66〜74cmで雌64〜70cm、体重は雄45〜55kgで雌40〜50kgの大型犬。

性格は主人には忠実だが、自信に溢れ勇敢で独立心があり、頑固で防衛本能と警戒心が高く、見知らぬ人や犬などには攻撃的になる。このようにペットとしては扱いにくい気性を備えているのは、本種が昔から今まで純粋に作業犬として繁殖されてきたためである。このため、護畜犬や警備犬としてはとても優れた能力を発揮できる。尚、主人の腕次第で本種を家庭犬としてしつけることも可能である。訓練は一貫して厳しい、しかし愛情のこもったものを根気強く行うことで行う。訓練がうまくいけば力を制御でき、友好的な面を引き出すことも可能である。又、主人だけでなくその家族に対してもはっきりと愛情を示すことができるようになる。とはいえ、力の強さと気性面の扱いにくさなどにより、初心者には安易に飼育できない犬種である。頑固なためしつけは主人からのみ受け付けるので、ドッグトレーナーに完全に任せた訓練は本来の主人との主従関係が成り立たず、逆効果となる場合がある。状況判断力は仕事柄により非常に高い。

ショー用・ペット用に繁殖されている系統のものは比較的攻撃性が抑えられ、やや引き締まった体つきになっている。

運動量は多めで、かかりやすい病気は大型犬にありがちな股関節形成不全関節疾患などがある。

参考文献[編集]

  • 『日本と世界の愛犬図鑑2007』(辰巳出版)佐草一優監修
  • 『デズモンド・モリスの犬種事典』デズモンド・モリス著書、福山英也、大木卓訳 誠文堂新光社、2007年
  • 『日本と世界の愛犬図鑑2009』(辰巳出版)藤原尚太郎編・著
  • 『日本と世界の愛犬図鑑2010』(辰巳出版)藤原尚太郎編・著

関連項目[編集]