ラッセル・フレンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラッセル・フレンド
Russel Friend
職業 脚本家、プロデューサー
活動期間 1998年 - 活動中

ラッセル・フレンドRussel Friend)は、アメリカ合衆国の脚本家、テレビプロデューサーである。フォックスのシリーズ『Dr.HOUSE』で脚本家とエグゼクティブ・プロデューサーを務め、第6シーズン初回「壊れたハウス英語版」を執筆したことにより2010年に全米脚本家組合賞を受賞した。ギャレット・ラーナー英語版と共に脚本を書く事が多い。

キャリア[編集]

CBSのシリーズ『LA大捜査線/マーシャル・ロー英語版』で脚本家としてのキャリアが始まる。1990年代後半から2000年代前半『FreakyLinks』、『ロズウェル - 星の恋人たち』、『John Doe』、『ボストン・パブリック英語版』、『LAX』、『ヤング・スーパーマン』で脚本やプロデューサーを務める。2005円、フレンドはラーナーと共に医療ミステリー『Dr.HOUSE』の脚本スタッフとなる。初めて執筆したエピソードは第2シーズン第1話「命の重み英語版」である。2007年の第4シーズンからはエグゼクティブ・プロデューサーに昇格した[1]。他に『glee/グリー』でコンサルティング・プロデューサーを務めている。

主な脚本作品[編集]

以下はすべてギャレット・ラーナー英語版との共同執筆である。

『Dr.HOUSE』[編集]

『glee/グリー』[編集]

受賞とノミネート[編集]

『Dr.HOUSE』の第6シーズン初回「壊れたハウス英語版」により、共同執筆者のギャレット・ラーナー、デヴィッド・フォスター英語版 and デイヴィッド・ショア英語版と共に全米脚本家組合賞を受賞した[2]。また、『Dr.HOUSE』のプロデューサーとしてプライムタイム・エミー賞に4度ノミネートされた[3]

参考文献[編集]

  1. ^ Russel Friend from House”. Film.com. 2011年3月5日閲覧。
  2. ^ Winners Announced for 2010 Writers Guild Awards”. Writer's Guild of America, West (2010年2月20日). 2011年3月5日閲覧。
  3. ^ Russel Friend - Awards”. IMDb. 2011年3月5日閲覧。

外部リンク[編集]