ラウレス硫酸ナトリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ラウレス硫酸ナトリウム
構造式
分子式 CH3(CH2)10CH2(OCH2CH2)nOSO3Na
分子量 274.35+44.05n
CAS登録番号 [9004-82-4]
密度 1.05 g/cm3,

ラウレス硫酸ナトリウム(ラウレスりゅうさんナトリウム、sodium laureth sulfate, SLES)は陰イオン界面活性剤の1つ。ポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウムとも呼ばれる。

概要[編集]

用途はシャンプー歯磨き剤起泡剤、業務用洗剤、脱脂剤等多岐にわたる。

ラウレス硫酸-n硫酸ナトリウムと表記される場合のnは(OCH2CH2)の数を表す。n=3のLD50は1995 mg/kg(ラット:経口)[1]

合成[編集]

1-ドデカノールエトキシ化w:Ethoxylation)、硫酸エステル化後に炭酸ナトリウムにより中和して合成。

C12H25OH + n C2H4O → C12H25(OC2H4)nOH
C12H25(OC2H4)nOH + H2SO4 → C12H25(OC2H4)nOSO3H + H2O
2C12H25(OC2H4)nOSO3H +Na2CO3 → 2C12H25(OC2H4)nOSO3Na + H2CO3

またはラウリル硫酸ナトリウムエーテルと酸素を加える合成方法もあるが、この方法の場合エーテルと酸素を加える過程で発癌性物質である1,4-ジオキサンが発生する。事実SLESを含むいくつかの製品が、低濃度のジオキサンを含んでいることが確認されている。[2]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ Walker A I T, Brown V K H, Ferrigan L W, Pickering R G, Williams D A. Toxicity of sodium lauryl sulphate, sodium lauryl ethoxysulphate and corresponding surfactants derived from synthetic alcohols. Food Cosmet Toxicol. 1967;5:763–769.
  2. ^ “California Files Prop 65 Lawsuit Against Whole Foods, Avalon”. Bloomberg. http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=conewsstory&refer=conews&tkr=WFMI:US&sid=aDC5vdNMQCiM