ラウリル硫酸ナトリウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラウリル硫酸ナトリウム
{{{画像alt1}}}
識別情報
CAS登録番号 151-21-3
特性
化学式 NaC12H25SO4
モル質量 288.38 g/mol
外観 白色固体
密度 1.01 g/cm³
融点

206 °C

危険性
EU分類 強い可燃性 F有害 X
Rフレーズ R11 R21/22 R36/37/38
Sフレーズ S26 S36/37
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

ラウリル硫酸ナトリウム(ラウリルりゅうさんナトリウム、sodium lauryl sulfate, SLS)は陰イオン性界面活性剤の1つ。ドデシル硫酸ナトリウム(ドデシルりゅうさんナトリウム、sodium dodecyl sulfate, SDS, NaDS)とも呼ばれる。硫酸のモノ長鎖アルキルエステルナトリウム塩である。

乳化剤発泡剤洗浄剤として、日用品では歯磨き粉シャンプー髭剃りクリーム泡風呂リキッドファンデーションなど、医薬品では薬・サプリメントのカプセルなど、工業用としてはガレージのフロア用洗剤、エンジンの油落とし洗剤、洗車用洗剤などの多く用途に使用されている合成化学物質である。12個の炭素原子鎖が硫酸塩に結合した構造を持ち、洗剤に不可欠な両親媒性特性を有する。

特性[編集]

製法[編集]

1-ドデカノール(ラウリルアルコール、CH3(CH2)10CH2OH)を硫酸との脱水縮合によりエステル化した後、炭酸ナトリウムにより中和して合成する。

人体への影響[編集]

炎症[編集]

清掃用洗剤に含まれる他、歯磨き粉やシャンプー、ボディーソープにも使用される。他のすべての界面活性剤と同じく皮脂を取り除くため、皮膚などに炎症を起こす可能性がある[3][4][5]。特に、眼に入った後は大量の水で洗い流す必要がある。

発癌可能性の論争[編集]

1970年代に発癌性が指摘され厚生労働省によって精密な追試が行われたが発癌性は確認されていない。東京都立環境衛生研究所の調査でも毒性は無いとの結論に達している[6]。また、米国化粧品工業会も化粧品原料評価を行い発癌性を否定しており、インターネットやE-mailで流布される発癌性懸念の噂は虚偽であるとのカナダ健康省や米国癌学会(en:American Cancer Society)の見解を紹介している[7]。さらに、2007年現在までIARCNTPの発癌性リストに載ったことは無い。

科学的、医学的な根拠が示されていないにも関わらず、現在においても発癌性が盛んに主張される背景には、天然石鹸を販売する業者が市販の歯磨き粉や洗剤の中に含まれる危険な成分としてこの物質を紹介しているという事情がある[8]。例えば、情報センター出版局が発行する『危険度チェックブック』には発癌性・アレルギー性のある成分と記されている。[要出典]

用途[編集]

実験室では、ラウリル硫酸ナトリウムはポリアクリルアミドゲル電気泳動(SDS-PAGE)用にタンパク質を処理するために使用される。ラウリル硫酸ナトリウムはタンパク質の非共有結合を分離させ、分子の高次構造を失わせる(これは変性と呼ばれる)。さらに、ラウリル硫酸ナトリウムの陰イオンは、1つのラウリル硫酸ナトリウム陰イオンに対し2つのアミノ酸残基の比率で主ペプチド鎖に結び付く。これにより、そのタンパク質の質量に比例した負電荷を効果的に分配する(およそ1.4グラムのラウリル硫酸ナトリウムに対し1グラムのタンパク質)。ラウリル硫酸ナトリウムの結合により生成される静電気反発作用は、タンパク質の折りたたみ構造を棒状構造へと変化させることにより、ゲル中泳動時におけるタンパク質形状の差による影響を取り去る。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ P. Mukerjee and K. J. Mysels, "Critical Micelle Concentration of Aqueous Surfactant Systems", NSRDS-NBS 36, U.S. Government Printing Office, Washington, D.C., 1971.
  2. ^ N. J. Turro. A. Yekta, J. Am. Chem. Soc., 1978, 100, 5951.
  3. ^ Agner T. Susceptibility of atopic dermatitis patients to irritant dermatitis caused by sodium lauryl sulphate. Acta Derm Venereol. 1991;71(4):296-300. PMID 1681644
  4. ^ A. Nassif, S. C. Chan, F. J. Storrs and J. M. Hanifin. Abstract: Abnormal skin irritancy in atopic dermatitis and in atopy without dermatitis. Arch Dermatol. November 1994;130(11):1402. Abstract
  5. ^ Marrakchi S, Maibach HI. Sodium lauryl sulfate-induced irritation in the human face: regional and age-related differences. Skin Pharmacol Physiol. 2006;19(3):177-80. Epub 2006 May 4. PMID 16679819
  6. ^ 『東京都立環境衛生研究所年報』 1976年、7巻、122–124頁。
  7. ^ 米国化粧品工業会 インターネットに飛び交うデマ情報の紹介ページ
  8. ^ NEWS ZERO 2008年5月15日放送分

外部リンク[編集]