ライヒャルツハウゼン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen Reichartshausen.svg Lage des Rhein-Neckar-Kreises in Deutschland.png
基本情報
連邦州: バーデン=ヴュルテンベルク州
行政管区: カールスルーエ行政管区
郡: ライン=ネッカー郡
緯度経度: 北緯49度21分
東経08度56分
標高: 海抜 228 m
面積: 10.00 km²
人口:

2,046人(2012年12月31日現在) [1]

人口密度: 205 人/km²
郵便番号: 74934
市外局番: 06262
ナンバープレート: HD
自治体コード: 08 2 26 066
行政庁舎の住所: Rathausstraße 3
74934 Reichartshausen
ウェブサイト: www.reichartshausen.de
首長: オットー・エッカート (Otto Eckert)
郡内の位置
Reichartshausen in HD.png

ライヒャルツハウゼン (Reichartshausen) は、ドイツ連邦共和国バーデン=ヴュルテンベルク州ライン=ネッカー郡に属す町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)で、ヴァイプシュタット自治体行政連合およびブルンネンレギオン観光地域に所属する。

地理[編集]

ライヒャルツハウゼンは、バーデン=ヴュルテンベルク州北部の街ジンスハイムから約15km、クライヒガウオーデンヴァルトにまたがる地域、いわゆる小オーデンヴァルトに位置する。隣接する町村は、南から時計回りに、 ヘルムシュタット=バーゲンエプフェンバッハロプバッハシェーンブルン(以上、いずれもライン=ネッカー郡)、アグラスターハウゼン(ネッカー=オーデンヴァルト郡)である。

歴史[編集]

ライヒャルツハウゼンは、1100年に初めて文献に記録されているが、その創設はおそらくアレマン人の時代に遡る。1367年にこの村はプファルツ選帝侯領となり、そのオーバーアムト・ハイデルベルクに属す、いわゆる Stüber Zentの裁判所が設けられた。ライヒャルツハウゼンは1803年バーデン大公領となった。

行政[編集]

ライヒャルツハウゼンの町役場

議会[編集]

ライヒャルツハウゼンの議会は、議長である首長を除き、10人の議員からなる。

紋章[編集]

図柄: 銀地で、緑の土地の上に赤い家。中央部分は塔のように高くなっており、その尖った屋根の上に黒い十字架。

1901年に制定されたこの紋章は、1752年から現れる裁判所の印章に由来する。その意味するところは明かでない。村の名前(Haus = 「家」)に因んだ意匠であるという説がある。また、一説には、Zentの裁判所に設けられた役場を象徴しているとも言われる。

旗は、緑 – 白で、1956年に内務省の認可を得ている。

友好都市[編集]

見所と建築[編集]

  • プロテスタント教会は、1772年に建設され、2000年に改修された。見所は、教会内のバロック様式説教壇である。周囲には、教会の外観を描いた素朴な絵が飾られている。
  • ライヒャルツハウゼンの中心部は、古い泉、バロック様式の牧師館やその他のバロック建築に囲まれた印象的な空間である。
  • 町役場は歴史的な中心部から外れた場所に立てられた近代的な機能建築である。学校は1891年に建造され、1950年に拡張された。
  • ライヒャルツハウゼンには、多くの遊歩道のほか、林間キャンプ場や太陽光を利用した屋外温水プールが設けられている。

引用[編集]

外部リンク[編集]