ガイベルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen Gaiberg.png Lage des Rhein-Neckar-Kreises in Deutschland.png
基本情報
連邦州: バーデン=ヴュルテンベルク州
行政管区: カールスルーエ行政管区
郡: ライン=ネッカー郡
緯度経度: 北緯49度21分
東経08度44分
標高: 海抜 293 m
面積: 4.15 km²
人口:

2,094人(2012年12月31日現在) [1]

人口密度: 505 人/km²
郵便番号: 69251
市外局番: 06223
ナンバープレート: HD
自治体コード: 08 2 26 022
行政庁舎の住所: Hauptstraße 44
69251 Gaiberg
ウェブサイト: www.gaiberg.de
首長: クラウス・ゲルトナー (Klaus Gärtner)
郡内の位置
Gaiberg in HD.png

ガイベルク (Gaiberg) はドイツ連邦共和国バーデン=ヴュルテンベルク州ライン=ネッカー郡に属す町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)。この自治体には首邑のガイベルク地区の他、いくつかの小さな集落が含まれる。

地理[編集]

位置[編集]

ガイベルクは、州内で有名な保養地で、オーデンヴァルトクライヒガウの境界にあたる標高200mから445mのネッカータール=オーデンヴァルト自然公園内に位置する。ハイデルベルクからは南に約10kmほどの距離である。この村は元々南東に下る斜面に沿った街道町であった。

隣接する市町村[編集]

ガイベルクは、東にバンメンタール、南にライメンのガウアンゲルロッホ地区とリンゲンタール地区、西と北にハイデルベルクと境を接している。

地史[編集]

ガイベルク町内には廃村となったヴァルドルフェスフーゼンがある。12世紀の偽造文書には、1016年に放棄されたゴーヴェンキルヒェン集落との記述があるが、ガイベルクにそれに該当する村はないと推察されている。

歴史[編集]

ガイベルクは、おそらく中世盛期にガウアンゲルロッホによる入植地として開拓がなされ、1312年に「Gauberg」として初めて文献上に記録された。この村は元々ヴォルムス司教領であったが、1419年プファルツ選帝侯に購入された。プファルツ選帝侯領内でガイベルクはメッカースハイム・ツェントに属し、15世紀にケラーライ・ディルスベルクの管轄下に移された。耕作地は主に住民の所有であった。1803年にガイベルクはバーデンとなり、ネッカーゲミュント管区に置かれ、1857年にはこの管区がエーバーバッハ地域管区に移管され、1863年にはさらにハイデルベルク地域管区に移された。ここから後のハイデルベルク郡が創設された。1967年にガイベルクは州内で有名な保養地となった。

この村は、最近まで農業の村で、森を利用した放牧や林間農業を含め特に林業が経済を支えていた。村の日雇い労働者もおおかたハイデルベルクの森での林業により生計を立てていた。19世紀の半ばから第一次世界大戦まではサクランボ、その後はラズベリー栽培が重要な生活財源であった。ガイベルクの最初の工場は1957年に設立された自動車のゴム部品の生産工場で、200人が働いていた。1968年には住民の半数以上が近隣の都市への通勤者となった。その大部分(385人中261人)がハイデルベルクへの通勤者であった。

1439 1577 1727 1818 1852 1905 1939 1965
人口(人) 90 100 97 433 467 742 880 1,564

行政[編集]

ガイベルクはネッカーゲミュントに本部を置くネッカーゲミュント自治体行政連合に属している。

議会[編集]

ガイベルクの議会は5年ごとの選挙で選出される12人の議員からなる。これに首長が議長として参加する。

紋章[編集]

図柄: 銀地に緑の土地。その上に赤い石柱と黒い幹の緑の広葉樹。

この紋章は1751年の裁判印章に遡る。この印章にはすでに木の傍らに柱が描かれている。1900年、ゲネラルランデスアルヒーフの提案を承けてガイベルクはこの紋章を採択した。この石は現在もプロテスタント教会前の菩提樹の傍に建っている。この石の意味は明らかではない。古い墓石という説から十字架の残骸というものまで仮説はさまざま提出されている。

旗は、緑 - 白で、1956年に内務省の認可を得た。

友好都市[編集]

文化と見所[編集]

ガイベルクの中心部

建築[編集]

ガイベルクの役場は1857年に学校として建てられた建物で、新しい学校が建設された1905年から役場として用いられている。

プロテスタントのペトロ教会の塔は、おそらく13世紀に遡る。教会は宗教改革の時代1556年にプロテスタントの教会となり、その後プファルツ教会分離令によって、一時的に再びカトリックに戻ったが、1707年にディルスベルクの教会と交換されプロテスタントに戻った。1737年から1738年に長堂が建設され、1850年頃塔に鐘楼のスペースが造られた。1957年にこの教会は大規模な修復がなされた。

カトリックのミヒャエル教会は1955年から1956年に古い礼拝堂の替わりに建設された。内陣は外観上プロテスタント教会の造りになっている。この教会は2007年に大規模な改修がなされた。

経済と社会資本[編集]

交通[編集]

ガイベルクは、州道を使って約8kmでアウトバーンA5号線のハイデルベルク/シュヴェツィンゲン・インターチェンジに至り、公式道路網に繋がっている。

また公共旅客交通の利用も可能である。ライン=ネッカー・バス交通のバス路線がライメン、ハイデルベルク、シャットハウゼンに通じている。ガイベルクはライン=ネッカー交通連盟のサービス提供地域に含まれている。

教育[編集]

ガイベルクには実業学校を併設した基礎課程・本課程学校がある。上級の学校はライメンやハイデルベルクに通う。ギムナジウムはネッカーゲミュントやバンメンタールにある。自治体は図書館を運営している。

引用[編集]

参考文献[編集]

  • Staatl. Archivverwaltung Baden-Württemberg in Verbindung mit d. Städten u.d. Landkreisen Heidelberg u. Mannheim (Hg.): Die Stadt- und die Landkreise Heidelberg und Mannheim: Amtliche Kreisbeschreibung.
    • Bd 1: Allgemeiner Teil. Karlsruhe 1966
    • Bd 2: Die Stadt Heidelberg und die Gemeinden des Landkreises Heidelberg. Karlsruhe 1968

これらの文献は、翻訳元であるドイツ語版の参考文献として挙げられていたものであり、日本語版作成に際し直接参照してはおりません。

外部リンク[編集]