ヨーゼフ・ブラドル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
獲得メダル
ナチス・ドイツの旗 ドイツ国
男子 ノルディックスキー
ノルディックスキー世界選手権
1939ザコパネ 個人

ヨーゼフ・ブラドル(Josef "Bubi" Bradl またはSepp Bradl、1918年1月8日 - 1982年3月3日)はオーストリアの元スキージャンプ選手・指導者。ドイツバイエルン州Wasserburg am Inn生まれ。ヨーゼフの愛称であるセップと表記されることもある。

プロフィール[編集]

ブラドルは1936年3月5日にプラニツァで史上初めての100mジャンプ(101m)を記録、1938年には107mに記録を更新した。

1938年にオーストリアがナチス・ドイツに併合されたあとはドイツ代表として、1939年ノルディックスキー世界選手権ポーランドザコパネ)で金メダルを獲得した。

第二次世界大戦終結後、ブラドルは1950年代前半に30歳代ながら競技に復帰。1952年オスロオリンピックでは、オーストリア選手団の旗手を務めた。1952/53シーズンの第1回ジャンプ週間では総合優勝を果たした。

現役引退後は1958年から指導者となりドイツおよびオーストリアのナショナルチームコーチを歴任、また1982年に亡くなるまでザルツブルク州ミュールバッハ・アム・ホッホケーニヒで妻ポーラとともにスキー宿を営んでいた。

外部リンク[編集]