ヨハン・ヴィルヘルム (ザクセン=アイゼナハ公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザクセン=アイゼナハ公ヨハン・ヴィルヘルム
ヨハン・ヴィルヘルム、1700年の版画

ヨハン・ヴィルヘルムJohann Wilhelm von Sachsen-Eisenach, 1666年10月17日 フリーデヴァルト - 1729年1月14日 アイゼナハ)は、ドイツテューリンゲン地方の諸侯の1人。ザクセン=アイゼナハ公爵(在位1698年 - 1729年)。

ヨハン・ゲオルク1世とその妻でアルテンキルヒェンの女領主であるヨハネッテ・ツー・ザイン=ヴィトゲンシュタイン=ザイン(1632年 - 1701年)の間に第4子、三男として生まれた。1685年に両親の取り計らいにより、兄ヨハン・ゲオルク2世がアイゼナハ公爵領を相続するのに対し、ヨハン・ヴィルヘルムにも王侯としての生活が保障されるべく、母からザイン=アルテンキルヒェン伯爵領を受け継ぐことになった。

ヨハン・ゲオルク2世が1698年に子供のないまま死ぬと、公爵領を継承した。文化人気質で、ゲオルク・フィリップ・テレマンらの音楽家を宮廷の聖楽隊に参加させている。

子女[編集]

生涯に4度結婚し、合わせて12人の子女をもうけている。

1690年11月28日にナッサウ=ディーツ侯ウィレム・フレデリックの娘アマーリア(1655年 - 1695年)と結婚し、間に1男1女をもうけた。

1697年2月27日にバーデン=ドゥルラハ公子カール・グスタフ(バーデン=ドゥルラハ辺境伯フリードリヒ6世の息子)の娘クリスティーネ・ユリアーネ(1678年 - 1707年)と再婚し、7人の子女をもうけた。

  • ヨハネッテ・アントイネッテ・ユリアーネ(1698年 - 1726年) - 1721年、ザクセン=ヴァイセンフェルス公ヨハン・アドルフ2世と結婚
  • カロリーネ・クリスティーネ(1699年 - 1743年) - 1725年、ヘッセン=フィリップスタール方伯カール1世と結婚
  • アントン・グスタフ(1700年 - 1710年)
  • シャルロッテ・ヴィルヘルミーネ・ユリアーネ(1703年 - 1774年)
  • ヨハネッタ・ヴィルヘルミーネ・ユリアーネ(1704年 - 1705年)
  • カール・ヴィルヘルム(1706年)
  • カール・アウグスト(1707年 - 1711年)

1708年7月28日にザクセン=ヴァイセンフェルス公ヨハン・アドルフ1世の娘マグダレーネ・ジビッレ(1673年 - 1726年)と3度目の結婚をし、間に1男2女をもうけた。

  • ヨハンナ・マグダレーネ・ジビッレ(1710年 - 1711年)
  • クリスティアーネ・ヴィルヘルミーネ(1711年 - 1740年) - 1734年、ナッサウ=ウジンゲン侯カールと結婚
  • ヨハン・ヴィルヘルム(1713年)

1727年5月29日にライニンゲン=ダークスブルク=ファルケンブルク=ハイデスハイム伯ヨハン・カールの娘マリー・クリスティーネ・フェリーツィタス(1692年 - 1743年)と4度目の結婚をしたが、間に子供をもうけることなく死別した。

外部リンク[編集]

先代:
ヨハン・ゲオルク2世
ザクセン=アイゼナハ公
1698年 - 1729年
次代:
ヴィルヘルム・ハインリヒ