ザイン=アルテンキルヒェン伯領

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ザイン=アルテンキルヒェン伯爵領、1803年

ザイン=アルテンキルヒェン伯爵領Grafschaft Sayn-Altenkirchen)は、神聖ローマ帝国の帝国直属身分(Reichsunmittelbarkeit)の領邦。現在のドイツラインラント=プファルツ州ヴェスターヴァルト地方(Westerwald)に存在した。1636年にザイン伯爵領の分割相続により成立した。主都は12世紀よりザイン伯爵領に属していたアルテンキルヒェンであった。

1606年にザイン伯爵家の家系が途絶えると、傍系のザイン=ヴィトゲンシュタイン伯爵家から継嗣が迎えられ、ザイン=ヴィトゲンシュタイン=ザイン家Sayn-Wittgenstein-Sayn)を称した。しかし同家の男子相続者も1636年には絶えた。最後の伯爵であったルートヴィヒ(在位1632年 - 1636年)の2人の姉妹、エルネスティーネ(1626年 - 1661年)とヨハネッテ(1632年 - 1701年)が、1652年にザイン伯爵領を分割相続した。前者はザイン=ハヒェンブルク伯爵領を、後者はザイン=アルテンキルヒェン伯爵領をそれぞれ受け取った。

ヨハネッテはヘッセン=ダルムシュタット方伯ルートヴィヒ5世の息子であるヘッセン=ブラウバッハ方伯ヨハンと結婚したが子供のないまま死別し、ザクセン=アイゼナハ公ヨハン・ゲオルク1世と再婚した。アルテンキルヒェン伯領は1764年までザクセン=アイゼナハ公爵家に属した後、ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯家に受け継がれた。1791年には、アンスバッハ侯領とともにブランデンブルク=プロイセンに併合されている。

1803年2月の帝国代表者会議主要決議では、アルテンキルヒェンはナッサウ=ウジンゲン侯領にその領有が認められた。ウジンゲン侯領が1806年、ナッサウ=ヴァイルブルク侯領と合邦してナッサウ公国を形成するとともに、アルテンキルヒェンもその一部となった。

1815年のウィーン会議の決定により、ザイン=アルテンキルヒェンはプロイセン王国の統治下に入り、コブレンツ行政管区のアルテンキルヒェン郡として再編された。1946年にはラインラント=プファルツ州の一部に組み込まれた。

ザイン=アルテンキルヒェン伯[編集]

名前 開始 終了 備考
ヨハネッテ・ツー・ザイン=ヴィトゲンシュタイン=ザイン 1636年 1701年 ザイン=ヴィトゲンシュタイン=ザイン伯ルートヴィヒの妹
ザクセン=アイゼナハ公ヨハン・ヴィルヘルム 1701年 1729年 ヨハネッテの次男
ザクセン=アイゼナハ公ヴィルヘルム・ハインリヒ 1729年 1741年 ヨハン・ヴィルヘルムの長男
ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯カール・ヴィルヘルム・フリードリヒ 1741年 1757年 ヨハネッテの曾孫
ブランデンブルク=アンスバッハ辺境伯カール・アレクサンダー 1757年 1791年 カール・ヴィルヘルム・フリードリヒの長男

参考文献[編集]

  • Matthias Dahlhoff: Geschichte der Grafschaft Sayn., Dillenburg 1874.
  • Daniel Schneider: Die Landstände in der Grafschaft Sayn sowie in Sayn-Altenkirchen und Sayn-Hachenburg, in: Jahrbuch für westdeutsche Landesgeschichte, 33. Jahrgang, 2007, S. 213-229.
  • M. Spindler, A. Kraus: Geschichte Frankens bis zum Ausgang des 18. Jahrhunderts, München 1997. ISBN 3-406-39451-5
  • Gerhard Taddey: Lexikon der deutschen Geschichte, Stuttgart 1998. ISBN 3-520-81303-3
  • Kreisverwaltung Altenkirchen (Hrsg.): Land an Sieg und Wied. Heimatkunde des Kreises Altenkirchen, Wissen 1987.
  • Daniel Schneider: Die Geschichte der Ortsgemeinde Obererbach (Westerwald). Die Ortschaften Hacksen, Niedererbach, Obererbach und Koberstein vom Mittelalter bis zur Gegenwart, 2 Bände, Obererbach 2009, ISBN 978-3-00-027494-7 (mit Zusammenfassung der Entwicklung der Grafschaft Sayn-Altenkirchen).