ヨシフ・ギンヅブルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヨシフ=エヴゼリ・ガブリエロヴィチ[ガヴリーロヴィチ]・ギンヅブルクИосиф-Евзель Габриэлович [Гаврилович] Гинцбург,Iosif-Evzel' Gabrielovich[Gavrilovich] Gintsburg, 1812年 - 1878年1月12日)は帝政ロシアの銀行家、慈善家。Günzburgとも表記する。別名オシップ・ギンヅブルク (Осип Гинцбург, Osip Gintsburg)。ガブリエル・ヤコブ・ベン・ナフタリヒルツ・ギンヅブルクの息子で、ゴラツィー・ギンヅブルクの父。娘マチルダはナポレオン三世の大蔵大臣の甥Paul Fould(1837-1917)と結婚した。彼らの間に生まれた娘の一人はエドワード・ロスチャイルドへ嫁いだ[1]

概要[編集]

ヴィテブスクポルトガルセファルディムの家系に生まれる。クリミア戦争で巨富を築き、1859年にペテルブルク銀行を設立[2]。1868年にキエフ民間銀行を、1869年にペテルブルク割引貸付銀行を、1879年にオデッサ割引銀行を創業した[3]

また、地元ユダヤ人社会のために福祉活動をおこなった。1861年11月、政府によってラビ委員会の一員に選ばれた(この委員会の会合は5ヶ月続いた)。彼はユダヤ人の教育水準向上のために尽力し、1863年には政府の許可のもとにユダヤ人文化普及協会を設立、亡くなるまでこの協会で理事の地位にあった。1874年に、ユダヤ人への徴兵規則がキリスト教徒と平等な内容へと改定されたのも、彼の働きかけによる。また、父の故郷ヴィルナタルムード・トーラー基金を設立した。1870年11月9日ヘッセン=ダルムシュタットの大公爵によって叙爵され、1874年8月2日男爵となった。1878年逝去し、パリに埋葬された。

脚注[編集]

  1. ^ Blackwell (1968) The Beginnings of Russian Industrialization 1800–1860, Princeton University Press. p.235. など。
    原典は G.B.Sliozberg,and Baron G.O.Ginzburg. Ego zhizn i deiatel nost (Paris, 1933) pp.26,28,29,35,93.
  2. ^ Blackwell (1968): p.235.
  3. ^ Ананьич (2006) Банкирские дома в России 1860–1914гг., Москва. с.56.

この記述はパブリックドメイン百科事典Jewish Encyclopedia1901年-1906年版に基づいています。