ヨアヒム・バランデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨアヒム・バランデ
Joachim Barrande
人物情報
生誕 1799年8月11日
フランスの旗 フランス オート=ロワール県
死没 1883年10月5日(満84歳没)
出身校 エコール・ポリテクニーク
学問
研究分野 地質学古生物学
主な受賞歴 ウォラストン・メダル(1857年)
テンプレートを表示

ヨアヒム・バランデ(Joachim Barrande、1799年8月11日 - 1883年10月5日)はフランス生まれで、チェコで活動した地質学者古生物学者である。

経歴[編集]

オート=ロワール県Saugues で生まれた。エコール・ポリテクニーク工学を学んだ。ボルドー公爵(後のシャンボール伯アンリ・ダルトワ)の家庭教師を務めた。

1830年にブルボン家が亡命すると、バランデも従いイギリス、その後プラハに亡命した。1831年にプラハに移住し、ボヘミア地層化石に興味をもった。

1839年に出版されたロデリック・マーチソンシルル紀の研究に影響されて、ボヘミア地方の同年代地層の組織的な研究を行った。 10年間にわたり、化石を収集し、3,500にものぼる腕足類軟体動物三葉虫魚類の化石の試料を集め、研究した。1852年に、著書『Systeme silurien du centre de la Boheme』の最初の巻を出版し、1881年までに21巻まで発表した。また多くの論文を発表した。1857年、ロンドン地質学会のウォラストン・メダルを受賞した。

ジョルジュ・キュヴィエの「天変地異説」の支持者で、チャールズ・ダーウィン進化論に反対する立場をとった。化石の発生する地層が、化石を含まない別の層に囲まれているとする「コローニー説」を唱えた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]