ヨアキム (デンマーク王子)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨアキム
Prins Joachim
デンマーク王子
Prins Joachim av Danmark.jpg
2013年6月
続柄 マルグレーテ2世第2子
全名 Joachim Holger Waldemar Christian
敬称 Hans Kongelige Højhed(殿下)
出生 1969年6月7日(44歳)
デンマークの旗 デンマーク
配偶者 アレクサンドラ・マンリー(1995年 - 2005年)
  マリー・カヴァリエ(2008年 - )
子女 ニコライ
フェリックス
ヘンリク
アテナ
父親 ヘンリク
母親 マルグレーテ2世
テンプレートを表示

ヨアキムJoachim, 全名:Joachim Holger Waldemar Christian, 1969年6月7日 - )は、デンマークの王族。モンペザ伯爵(greve af Monpezat)。女王マルグレーテ2世と王配ヘンリク公の次男。兄は王太子フレデリクデンマーク語のみならずフランス語英語ドイツ語を話せる。普段はユトランド半島のシャウケンボーの所領に住む。王位継承順位は兄フレゼリク、フレゼリクの4人の子供たちに次いで第6位。

教育[編集]

1974年から2年間、アマリエンボー宮殿で家庭教師の元で学ぶ。1976年から1982年までコペンハーゲン市内の学校で学ぶ。1982年から1983年まで、フランスノルマンディーのエコール・ド・ロシュに在籍。1986年、ギムナジウムØregaardを卒業。1991年から1993年まで経済学を学んだ。

1987年より軍に在籍。2005年に少佐となった。

結婚[編集]

1995年11月18日、香港出身のアレクサンドラ・マンリーフレゼリクスボー宮殿内の教会で結婚。アレクサンドラが中国イギリスポーランドオーストリアの血をひくことから、欧州の王室に初のアジア人プリンセスが誕生したと騒がれた。ふたりには2男が生まれた。

しかし2004年9月16日、夫妻は別居を発表。翌2005年4月8日に正式離婚した。デンマーク王族の離婚は初めてのことだった。離婚に関して、独身時代より『パーティ・プリンス』と呼ばれていたヨアキムの素行が話題にされた。王子たちはアレクサンドラが引き取って育てている。

2007年10月3日、デンマーク王室は、ヨアキムとフランス人女性マリー・カヴァリエが婚約したことを発表。2008年5月24日、シャウケンボー近郊の教会で挙式した。2009年5月4日、マリー妃との間の第一子となる男児が誕生した。

2011年8月24日、デンマーク王室はマリー妃が第2子を懐妊したことを公表した[1]。2012年1月24日、ヨアキムとマリー妃の第2子にあたる王女が誕生した[2]

脚注[編集]

  1. ^ (デンマーク語)Endnu et barn på vej i kongefamilien
  2. ^ [1]

外部リンク[編集]

デンマーク王室
Royal coat of arms of Denmark.svg

マルグレーテ2世女王
ヘンリク王配



上位:
ヨセフィーネ
デンマーク王女
デンマーク王位継承権者
継承順位第 6
下位:
ニコライ
デンマーク王子
上位:
ヨセフィーネ
デンマーク王女
イギリス王位継承順位
他の英連邦王国の王位継承権も同様
下位:
ニコライ
デンマーク王子