ユースタス・マリンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ユースタス・マリンズ(英語: Eustace Mullins 1923年3月9日 - 2010年2月2日)はアメリカ陰謀論の著者。ミューリンズとも表記される。

経歴[編集]

ロアノーク (バージニア州)で、メイフラワー号でアメリカに渡った名家に生まれる。

ワシントン・アンド・リー大学、美術学校を卒業。ニューヨーク大学、ノースダコタ大学、現代美術研究所にも学んだ。

1942年、准尉として入隊、空軍に配属され、第二次世界大戦に3年2か月従軍した。

1949年、反戦を訴えて国家反逆罪で収監されていた詩人エズラ・パウンドと知り合い、その釈放運動に携わる。

調査専門職員としてアメリカ議会図書館に勤務。ジョセフ・マッカーシー上院議員による共産党の資金源究明調査に協力した[1]。のち同図書館を解雇された[2]

著書[編集]

  • 『衝撃のユダヤ5000年の秘密―ユダヤはなぜ文明に寄生し破壊させたか?』歴史修正学会 訳 日本文芸社 1995、『真のユダヤ史』天童竺丸 訳・解説 成甲書房 2012、原書Mullins' New History of the Jews, The International Institute of Jewish Studies, Staunton, Virginia, 1978, reprint of 1968 edition.
  • 民間が所有する中央銀行―主権を奪われた国家アメリカの悲劇』林伍平 訳 秀麗社 1995、The Secrets of the Federal Reserve, 1952. Reprinted John McLaughlin, 1983
  • 『世界権力構造の秘密―闇の犯罪秘密結社の恐るべき野望』天童三郎 訳 日本文芸社 1995、『世界権力構造の秘密 上下』天童竺丸 訳 成甲書房 2007、原書The World Order: Our Secret Rulers, Staunton, Virginia: Ezra Pound Institute, 1992
  • 『医療殺戮―現代医学の巨悪の全貌』矢部真, 天童竺丸 訳 面影橋出版 1997、原書Murder by Injection: The Medical Conspiracy Against America, The National Council for Medical Research, Staunton, Virginia
  • 『カナンの呪い―闇の世界権力の系譜』笹川英資 訳 ラ・テール出版局 1998、『カナンの呪い―寄生虫ユダヤ3000年の悪魔学』太田龍 監訳 成甲書房 2004、原書The Curse of Canaan: A Demonology of History, Revelation Books, Staunton, Virginia, 1987

脚注[編集]