ユーヌス・カーヌーニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ユヌス・カヌニから転送)
移動: 案内検索
アフガニスタンの政治家
ムハンマド・ユーヌス・カーヌーニー
محمد یونس قانونی
Yunus Qanuni in 2009.jpg
ユーヌス・カーヌーニー(2009年)
生年月日 1957年
出生地 パンジシール州
出身校 カーブル大学
所属政党 新アフガニスタン党
公式サイト پايگاه اطلاع‌رساني قانوني

アフガニスタンの旗 人民議会議長
任期 2005年12月 - 2011年
大統領 ハーミド・カルザイ

アフガニスタンの旗 第一副大統領
任期 2014年3月 -
大統領 ハーミド・カルザイ
テンプレートを表示

ムハンマド・ユーヌス・カーヌーニー[1](محمد یونس قانونی[2]、英:Yunus Qanuni、1957年 - )は、アフガニスタンの政治家。アフガニスタン第一副大統領。前人民議会議長。元内務大臣。新アフガニスタン党党首。

経歴[編集]

パンジシール州出身。タジク人。ムハンマド・ユースフの息子。

貴族学校「アブ=ハニファ」(1978年)、カーブル大学神学部を卒業。

1992年~1995年、アフガニスタン・イスラム国の政治局長、国防次官(国防相はアフマド・シャー・マスード)。1995年~2001年、北部同盟の内務相。

2001年11月、ボンで開かれたターリバーン後のアフガニスタンに関する会議において、北部同盟代表団の団長を務める。この会議で、ユーヌス・カーヌーニーは、内務大臣になるものとされた。

2001年12月、ハーミド・カルザイ暫定政権の内務大臣として正式に承認。2002年5月1日、移行政権の中等教育相に任命(6月19日にロヤ・ジルガにより承認)。2002年6月末から、閣僚級の安全保障担当大統領特別顧問。

2004年の大統領選挙では、カルザイの対抗馬となり、16.3%を得票し2位であった。2004年12月、野党「新アフガニスタン」結成を発表し、2005年3月、12の野党を統合する政治連合「アフガニスタン国民理解戦線」を率いた。

2005年から人民議会議員。同年12月21日から人民議会議長。

2014年3月、死去したムハンマド・ファヒームの後任として第一副大統領に指名された。

パーソナル[編集]

ダリー語パシュトゥー語ウズベク語アラビア語を話す。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

先代:
-
アフガニスタンの旗アフガニスタン・イスラム共和国
内務大臣
2001年 - 2002年
次代:
タージ・ムハンマド・ワルダク
先代:
ムハンマド・ファヒーム
アフガニスタンの旗アフガニスタン・イスラム共和国
第一副大統領
2014年 -
次代:
現職