モンテベロ (ケベック州)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Montebello QC.jpg
Montebello QC 2.jpg

モンテベロ(仏:Montebello)は、カナダケベック州西部のウタウエ地域パピノー郡に属する。人口1,080人(2006年統計)。カナダの首都圏(NCR)の東端でもある。

19世紀初頭まで先住民を含め、定住者のいないエリアだったが、ジョセフ・パピノー(Joseph Papineau)一族が土地を買い上げたことにより村の歴史は始まった。その息子ルイ・ジョセフ・パピノーが残したものは、マノワ・パピノー国定史跡としてパークス・カナダ(カナダ国立公園管理局)によって管理されている。

村はリゾート地として世界的に知られ、世界最大級の規模を誇るログハウスシャトー・モンテベロがある。このリゾート地で1981年G7サミット(先進国首脳会議)の第7回オタワ会議が開催された。1983年には、NATO核計画グループ(NATO Nuclear Planning Group)を開催した歴史を持つ。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]