メドク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メドックの主要ワイン産地

メドクフランス語:Le vignoble du Médoc)は、フランスアキテーヌ地域圏ジロンド県にあるボルドーの赤ワイン産地である。

表記について[編集]

ワイン関連の書籍には、メドックと書かれることが多いが、この語句は、アクサンテギュの着いたはじめのシラブルにアクセントがあり、後ろのシラブルは、弱くかつ速く発音されるため、メドクの表記のほうが自然である。

AOC[編集]

AOCが認められている。。ボルドー市の北から河口までの、ジロンド川の左岸を占める区域で、世界で最も偉大な赤ワインを産出する地域の一つである。

サンテステフ村から上流域(南側)をオー・メドックHaut-Médoc, それより下流域をバ・メドックBas-Médocといい、高品質のワインを産するのは前者で、独自のAOCを持っている。オー・メドック地区には、さらに規制の厳しい村名AOCを名乗る産地が6つ(サンテステフAOCポイヤックサン=ジュリアンAOCマルゴーAOCムリスリストラック=メドックAOC)ある。

カベルネ・ソーヴィニョンメルローカベルネ・フランプティ・ヴェルドマルベックなどのぶどう品種から作られるワインは、濃いルビー色で、ヴァイオレットブルーベリー、あるいは黒い果物のようなと言われる深い香りと、タンニン(渋み)のよく利いた芳醇な味わいをもち、長期の熟成に最もよく耐えるワインと言われている。良いヴィンテージのものは熟成に20年以上かかると言われ、未だに20世紀前半のものが十分に味わえる。

メドクワインの格付け[編集]

1855年,61の生産者に1級から5級までの格付けが行われ、1級にポイヤックのシャトー・ラトゥールChâteau Latourとシャトー・ラフィット・ロートシルトChâteau Lafite Rothschild, マルゴーシャトー・マルゴーChâteau margaux, グラーヴ地区のシャトー・オー・ブリオンChâteau Haut-Brionが指定された。その後、1973年の改正で、2級だったシャトー・ムートン・ロートシルトChâteau Mouton Rothschildが1級に昇格した。この格付けの下にブルジョワ級Cru Bourgeoisがある。

関連項目[編集]