メチルマロン酸セミアルデヒドデヒドロゲナーゼ (アシル化)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メチルマロン酸セミアルデヒドデヒドロゲナーゼ (アシル化)
識別子
EC番号 1.2.1.27
CAS登録番号 37205-49-5
データベース
IntEnz IntEnz view
BRENDA BRENDA entry
ExPASy NiceZyme view
KEGG KEGG entry
MetaCyc metabolic pathway
PRIAM profile
PDB構造 RCSB PDB PDBe PDBsum
遺伝子オントロジー AmiGO / EGO

メチルマロン酸セミアルデヒドデヒドロゲナーゼ (アシル化)(methylmalonate-semialdehyde dehydrogenase (acylating)、MSDH)は、バリンロイシンイソロイシン分解、イノシトール代謝、プロピオン酸代謝酵素の一つで、次の化学反応触媒する酸化還元酵素である。

2-メチル-3-オキソプロパン酸 + CoA + NAD+ \rightleftharpoons プロパノイルCoA + CO2 + NADH + H+

反応式の通り、この酵素の基質は2-メチル-3-オキソプロパン酸(メチルマロン酸セミアルデヒド)とCoANAD+、生成物はプロパノイルCoACO2とNADHとH+である。

組織名は2-methyl-3-oxopropanoate:NAD+ 3-oxidoreductase (CoA-propanoylating)で、別名にMMSA dehydrogenaseがある。

参考文献[編集]

  • Sokatch JR, Sanders LE, Marshall VP (1968). “Oxidation of methylmalonate semialdehyde to propionyl coenzyme A in Pseudomonas aeruginosa grown on valine”. J. Biol. Chem. 243: 2500–6. PMID 4297649. 
  • Rahuel-Clermont S, Branlant G, Aubry A (2004). “Expression, purification, crystallization and preliminary X-ray diffraction data of methylmalonate-semialdehyde dehydrogenase from Bacillus subtilis”. Acta Crystallogr. D 60: 1435–7. doi:10.1107/S0907444904012533. PMID 15272169. 
  • Stines-Chaumeil C, Talfournier F, Branlant G (2006). “Mechanistic characterization of the MSDH (methylmalonate semialdehyde dehydrogenase) from Bacillus subtilis”. Biochem. J. 395: 107–15. doi:10.1042/BJ20051525. PMID 16332250.