ムムターズ・マハル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムムターズ・マハル

ムムターズ・マハルヒンディー語: मुमताज़ महल Mumtāz Mahal 、ペルシア語: ممتاز محل Momtāz-i Maḥal 、1595年4月 - 1631年6月17日)は、北インドムガル帝国第5代皇帝シャー・ジャハーンの第1皇妃で、第6代皇帝アウラングゼーブの母。 宮廷の大富豪アーサフ・ハーン英語版の娘で、本名はアルジュマンド・バーヌー・ベーグムارجمند بانو بیگم Arjumand Bānū Bēgam)という。ムムターズ・マハルとはペルシア語で「愛でられし王宮の光彩」「宮廷の選ばれし者」を意味する言葉であり、第4代皇帝ジャハーンギールから授けられた称号である。

生涯[編集]

タージ・マハル

彼女の祖父はサファヴィー朝からの亡命貴族であったミールザー・ギヤース・ベグ(尊称イティマード・ウッダウラ)という人物で、その息子アーサフ・ハーン英語版が彼女の父である。ギヤース・ベグにはミフルンニサー・ベーグムという娘がおり、これがジャハーンギールの寵妃ヌール・ジャハーン英語版となった。ムムターズ・マハルはヌール・ジャハーンの姪にあたる。

1612年、ジャハーンギールの皇子フッラム(のちのシャー・ジャハーン)と結婚する。夫に深く寵愛され、14人の子女をもうける。うち、成年まで育ったのは男子4人と女子2人であり、この4人の男子が長男ダーラー・シコー以下、シャー・シュジャーアウラングゼーブムラード・バフシュである。

夫が父帝ジャハーンギールや継母ヌール・ジャハーンと対立し、各地への転戦や逃避行中でも、これに付き従い苦楽をともにしたと伝えられている。

1631年、シャー・ジャハーンのデカン遠征中、遠征先で第14子を生んだあと36歳で産褥死した。その死を大いに悲しんだシャー・ジャハーンは、彼女のとしてタージ・マハルを建立し来世を弔った。

参考文献[編集]

  • フランシス・ロビンソン; 月森左知訳 『ムガル皇帝歴代誌 インド、イラン、中央アジアのイスラーム諸王国の興亡(1206 - 1925)』 創元社、2009年 
  • アンドレ・クロー; 杉村裕史訳 『ムガル帝国の興亡』 法政大学出版局、2001年 

関連項目[編集]