ムバダラ・ディベロプメント・カンパニー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Mubadala Development Company
شركة مبادلة للتنمية
企業形態 ジョイント・ストック・カンパニー (国有企業)
業種 投資
設立 October 2002
本部 アラブ首長国連邦アブダビ
代表者等 HH Sheikh Mohammed bin Zayed Al Nahyan, Chairman
Khaldoon Khalifa Al Mubarak, CEO and Managing Director
売上高 増加 US$8.522 billion (2012)[1]
増加 US$35.9 million (2012)[1]
資産総額 増加 US$55.21 billion (2012)[1]
純資産額 増加 US$37 billion (2012)[1]
従業員数 700 (2011)
ウェブサイト http://www.mubadala.com

ムバダラ・ディベロプメント・カンパニー((アラビア語: شركة مبادلة للتنمية‎、Mubadala Development Company)は、アラブ首長国連邦(UAE)アブダビ政府100%出資の投資会社。日本の報道ではしばしばムバダラ開発と表記されるほか、専門家などはムバーダラ開発と表記することがある。

概要[編集]

シャイフ・ハリーファ・ビン・ザーイド・アール=ナヒヤーンUAE(アラブ首長国連邦)大統領の異母弟シャイフ・ムハンマド・ビン・ザーイド・アール=ナヒヤーン皇太子が会長を務める(2009年5月現在)[2]

ムバダラ・ディベロプメントは多額の資金を有しており、フェラーリ(Ferrari)、ピアジオ・エアロ(Piaggio Aero Industries)への出資や、ロールス・ロイス(Rolls-Royce)との提携など国内外で様々な投資を行っている。

また、これまでにドナルド・トランプ(Donald Trump)、ジョルジオ・アルマーニ(Giorgio Armani)、マンチェスター・ユナイテッド(Manchester United)、グレッグ・ノーマン(Greg Norman)、グッゲンハイム美術館(Guggenheim Museum)など、業界大手との提携が発表されている。

2007年に報道されたものに、米投資会社カーライル・グループ株式の7.5%を取得(13億5000万ドル)[3]、米半導体会社アドバンスト・マイクロ・デバイセズ (AMD)株式の8.1%を取得(6億2200万ドル)[4]などがある。

関連項目[編集]

参照[編集]

外部リンク[編集]