ムナジロテン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムナジロテン
Beech Marten.jpg
保全状況評価[1]
LEAST CONCERN

(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg

分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: ネコ目 Carnivora
: イタチ科 Mustelidae
亜科 : イタチ亜科 Mustelinae
: テン属 Martes
: ムナジロテン M. foina
学名
Martes foina
(Erxleben, 1777)
英名
Beech Marten
骨格

ムナジロテン(Martes foina)は、中央ヨーロッパで最も一般的なテンである。

形態[編集]

ムナジロテンは長細い胴体で脚は短く、長くてふさふさの尾を持つ。体長40cmから50cm、体重2kgにまで成長する。毛皮は茶色で喉のところに白色のフォーク型の模様があり、同じ部分にクリーム色でより丸い形の模様を持つヨーロッパマツテンから見分ける目印となっている。

生態[編集]

ムナジロテンはしばしば都会の屋根裏等にも住むが、田舎でも見つかる。生息域はヨーロッパ全体から西アジア、中央アジアに及ぶ。昼間に寝て、黄昏時に獲物を捕る夜行性である。雑食性であり、小さな哺乳類、ミミズ、小型から中型の鳥、卵、果物等を食べる。一方、イヌワシ等の猛禽類やオオカミオオヤマネコ等の大型哺乳類に捕食される。

繁殖期は6月から8月までで、遅延着床によって妊娠期間は長くなり、3月から4月に子供が生まれる[2]。通常は2匹から4匹の子供が生まれる。

その他[編集]

捨てられたペットのムナジロテンにより、アメリカ合衆国のウィスコンシン州には繁殖コロニーが作られた[3]

出典[編集]

  1. ^ Tikhonov, A., Cavallini, P., Maran, T., Krantz, A., Herrero, J., Giannatos, G., Stubbe, M., Libois, R., Fernandes, M., Yonzon, Choudhury, Abramov, A. & Wozencraft C. (2008年). Martes foina. 2008 IUCN Red List of Threatened Species. IUCN 2008. 2009年3月21日閲覧。 Database entry includes a brief justification of why this species is of least concern
  2. ^ Hofmann, H: "Wild Animals of Britain and Europe" page 132. HarperCollins Publishers, 1995
  3. ^ beech marten”. 2007年7月25日閲覧。