ムティス山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムティス山
標高 2,427 m
所在地 インドネシアの旗 インドネシア
東ヌサ・トゥンガラ州
位置 南緯9度34分 東経124度14分座標: 南緯9度34分 東経124度14分
ムティス山の位置(インドネシア内)
ムティス山
ムティス山
ムティス山の位置(インドネシア
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

ムティス山(ムティスさん、インドネシア語: Gunung Mutis)は、インドネシア東ヌサ・トゥンガラ州最高峰である。標高2,427 m[1]。ムティス山は南中央ティモール県英語版のムティス山自然保護区の中にあり、クパンから150 km、ソエ英語版から北へ約40 kmの所に位置する。登山者に人気のある山である。 ダワン族は、ムティス山は雨、風、そして命を司る全能の存在であることを信じている[2]。ムティス山付近に住む各々の地域の人々は、鉱業や木材企業による地域資源の開発は一帯への環境にダメージを与えると懸念している[3]。ムティス山周辺はインドネシアの国立公園であり面積は12,000 haある。環境マネジメントは公園管理者の主要な関心事である[4]

動植物[編集]

植物はユーカリ・ウロフィラ英語版ビャクダンなどが生育している。動物は ティモール・シカ英語版デカス英語版イノシシモニタートカゲ英語版ティモール・ニシキヘビ英語版など生息する[5]

脚注[編集]

  1. ^ The Meto People on Mutis Mountain”. Travel Destination Indonesia. 2010年7月3日閲覧。
  2. ^ East Nusa Tenggara - Places of Interest”. 2010年7月2日閲覧。
  3. ^ Emmy Fitri, '"Indonesian Avatar" Fights Miners in Nusa Tenggara Timur', The Jakarta Globe, 15 February 2012.
  4. ^ Christian Lentz, Marthen Mello and Michel Bowe, 'Environmental management in in Gunung Mutis: A case study from Nusa Tenggara Indonesia', research paper dated 28 January 1998, Digital Library of the Commons, Indiana University.
  5. ^ 第3号日本語要約版 記事4(「世界自然遺産会議」参加地域遺産コーナー・・・インドネシア国「東ヌサテンガラ」)”. 鹿児島県庁. 2013年5月19日閲覧。