ミュージアム・キャンパス (シカゴ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
上空から望むミュージアム・キャンパス。赤で示されているのはアドラー・プラネタリウム

ミュージアム・キャンパスMuseum Campus)は、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴ市内の公園地区。グラント・パーク南部、ミシガン湖岸の約23万平米(57エーカー)の広さの緑地の中に、シカゴ有数の3つの自然博物館を有する文化地域でもある。

主な施設[編集]

概要[編集]

ミュージアム・キャンパスは、近接した文化施設を徒歩で回れる景観地区として整備されている。緑地の中にジョギングコースや歩道が設けられ、ノーサリー・アイランド(アドラー・プラネタリウムが所在する小島、かつてはMicrosoft Flight Simulatorで有名なメイグスフィールド空港があった)と本土を繋ぐソリダリティ・ドライブ沿いの遊歩道も美しい。

またソリダリティ・ドライブに沿っては、タデウシュ・コシチュシュコ(又はコシューシコ、ポーランドの「コシチューシュコ蜂起」で有名な軍人)、カレル・ハヴリチェク・ボロフスキー(チェコの文筆家)などのブロンズ像が置かれている。特に、アドラー・プラネタリウム正面に位置するコペルニクスのブロンズ像は、デンマークの彫刻家ベルテル・トルバルセンによるワルシャワ所在の有名な19世紀の作品のレプリカである。

ミュージアム・キャンパスは1998年オープン。それまでは高速道路(レイクショア・ドライブ)が同地区を分断していたが、まず南方面車線が、次いで北方面車線がソルジャー・フィールド西側に移動したことにより完成した。現在は、シカゴレイクフロントの一角における、観光客と地元民の憩いと楽しみの場となっている。

外部リンク[編集]