ミュラーテナガザル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミュラーテナガザル
MuellersGibbon.jpg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 哺乳綱 Mammalia
: サル目 Primate
亜目 : 真猿亜目 Haplorhini
下目 : 狭鼻下目 Catarrhini
上科 : ヒト上科 Hominoidea
: テナガザル科 Hylobatidae
: テナガザル属 Hylobates
: H. muelleri
学名
Hylobates muelleri
Martin, 1841
和名
ミュラーテナガザル
英名
Müller's Bornean Gibbon

ミュラーテナガザル(またはハイイロテナガザル学名Hylobates muelleri[1])は、テナガザル科霊長類である。

分布[編集]

ボルネオ島に固有の種で、北部および東部に分布する。島の南西部に生息するアジルテナガザルとは、全くと言っていいほど分布が重ならない。

形態[編集]

他のテナガザルと違い、毛色に性差は見られない。全体は灰色または茶色で、顔の周りを囲む明るい輪状の毛がある。頭部に帽子のような暗色の毛を持つ個体もいる。平均体重は5.7kgで、テナガザルの中でも小型である。

生態[編集]

昼行性で、熱帯雨林に生息する。他のテナガザル同様、長い腕を持つことが特徴で、腕わたりで木々を移動する。一夫一婦のペアで生活し、早朝、森じゅうに鳴り響く長くて大きな歌声により威嚇することで、侵入者から夫婦の縄張りを防衛する。果実を主な栄養源としている。生殖行動についてはほとんど知られていないが、他のテナガザルと類似しているだろうと推測される。

ミュラーテナガザルには3亜種が存在する[1][2]

  • ミュラーハイイロテナガザル(Müller's Gray Gibbon), Hylobates muelleri muelleri
  • アボットハイイロテナガザル(Abbott's Gray Gibbon), Hylobates muelleri abbotti
  • キタハイイロテナガザル(Northern Gray Gibbon), Hylobates muelleri funereus

保全状況評価[編集]

国際自然保護連合(IUCN)のレッドリストにて絶滅危惧IB類に指定されている[3]

ENDANGERED (IUCN Red List Ver. 3.1 (2001))

Status iucn3.1 EN.svg

参考文献[編集]

  1. ^ a b Groves, Colin. Wilson, D. E., and Reeder, D. M.. ed. Mammal Species of the World (3rd edition ed.). Johns Hopkins University Press. pp. 180. ISBN 0-801-88221-4. 
  2. ^ Geissmann, Thomas. “Gibbon Systematics and Species Identification”. 2006年4月13日閲覧。
  3. ^ Geissmann and Nijman' (2008). Hylobates muelleri. 2014 IUCN Red List of Threatened Species. IUCN 2014. Retrieved on 14 August 2014.

外部リンク[編集]