ミシシッピ・ジョン・ハート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミシシッピ・ジョン・ハート
基本情報
出生名 John Smith Hurt
出生 1892年7月2日
米国ミシシッピ州キャロル郡テオク
死没 1966年11月2日(満74歳没)
米国ミシシッピ州グレナダ
ジャンル ブルース
職業 ミュージシャン、歌手
担当楽器 ギター
活動期間 1920年代、1963年〜1966年

{{{Influences}}}

"ミシシッピ"・ジョン・スミス・ハート"Mississippi" John Smith Hurt, 1892年7月2日[1] ミシシッピ州キャロル郡テオク(Teoc)生 - 1966年11月2日ミシシッピ州グレナダ(Grenada)没)は、ブルースシンガーギタリスト

来歴[編集]

ミシシッピ州アヴァロン(Avalon)で育ち、彼は9歳でギターを学んだ。若い時期のほとんどは、1920年代に入るまで、農作業のかたわら、友人やダンスのためにオールドタイム音楽(w:old time music)を演奏して過ごした。1923年、彼は時々、いつものパートナーのシェル・スミスの代理で、フィドル奏者のウィリー・ナムール(w:Willie Narmour)をパートナーにした。ナムールが1928年のフィドル・コンテストで優勝してオーケー・レコーズ(w:Okeh Records)で録音するチャンスを得た時に、彼はオーケー・レコーズのプロデューサー、トミー・ロックウェルにジョン・ハートを推薦した。彼の自宅での「マンデー・モーニング・ブルース("Monday Morning Blues")」を聞いて選考した後に、彼はメンフィスニューヨークシティで二つのレコーディングのセッションに参加した。「ミシシッピ」という名前は、セールス用のギミックとしてオーケーによって加えられた。完成した盤の商業的な失敗と、不況の間にオーケー・レコーズが業務を辞めたことで、ハートはアヴァロンに戻って、小作人として人目につかない仕事をしながら地元のパーティやダンスで演奏した。

しかし1963年、録音物に影響を受けた民俗音楽学者のトム・ホスキンズ(w:Tom Hoskins)が、ミシシッピ州アヴァロン近くのジョン・ハートを探し当てることができた。実際、初期の録音で、ハートは「アヴァロン、マイホームタウン」という曲を歌っていたのだ。彼のギターの腕はまだ健在で、ホスキンズはハートに、ワシントンD.C.へ移ってもっと広い舞台で演奏を始めることを奨励した。彼の最初のリリースが世界恐慌と同時に起こったのに対して、彼の新しい経歴はおそらくよいタイミングではなかった。1963年のニューポート・フォーク・フェスティバルでの花形のパフォーマンスは、新しい「フォーク・リバイバル」の観衆たちの間にスターとして映り、1966年に死亡するまで彼は大学、コンサートホール、コーヒーハウス、あるいはジョニー・カーソンの番組「トゥナイト・ショウ」で、広範囲にわたって演奏し、ヴァンガード・レコーズに3つ以上のアルバムを録音した。ジョン・ハートの影響は、ブルース、カントリー、ブルーグラス、フォーク、同時代のロックンロールの、いくつかの音楽ジャンルに広がっている。柔らかな口調で、彼の性格は曲にも反映されて、最後までカントリー、ブルース、オールドタイムの穏やかな混合が残った。

メディア[編集]

ディスコグラフィー[編集]

Avalon Blues: The Complete 1928 OKEH Recordings (Columbia Roots N' Blues reissue)

  1. "Frankie" (3:21)- February 24, 1928, Memphis, TN - 400221-B, OK 8560
  2. "Nobody's Dirty Business" (2:52)- February 24, 1928, Memphis - 400223-B, OK 8560
  3. "Ain't No Tellin'" (2:54)- December 21, 1928, New York City, NY - 401471-A, OK 8560
  4. "Louis Collins" (2:57)- December 21, 1928, NYC - 401472-A, OK 8724
  5. "Avalon Blues" (3:01)- December 21, 1928, NYC - 401473-B, OK 8759
  6. "Big Leg Blues" (2:50)- December 21, 1928, NYC - 401474-B, unissued
  7. "Stack O' Lee" (2:55)- December 28, 1928, NYC - 401481-B, OK 8654
  8. "Candy Man Blues" (2:44)- December 28, 1928, NYC - 401483-B, OK 8654
  9. "Got The Blues (Can't Be Satisfied)" (2:49)- Dec 28, 1928, NYC- 401484-B, OK 8734
  10. "Blessed Be The Name" (2:46)- December 28, 1928, NYC - 401485-B, OK 8666
  11. "Praying On The Old Camp Ground" (2:35)- Dec 28 1928, NYC- 401486-B, OK 8666
  12. "Blue Harvest Blues" (2:51)- December 28, 1928 NYC - 401487-A, OK 8692
  13. "Spike Driver Blues"[2] (3:13)- December 28, 1928 NYC - 401488, OK 8692

Last Sessions - 1966 (Vanguard)

  1. "Poor Boy, Long Ways From Home"
  2. "Boys, You're Welcome"
  3. "Joe Turner Blues"
  4. "First Shot Missed Him"
  5. "Farther Along"
  6. "Funky Butt"
  7. "Spider, Spider"
  8. "Waiting For You"
  9. "Shortnin' Bread"
  10. "Trouble, I've Had It All My Days"
  11. "Let The Mermaids Flirt With Me"
  12. "Good Morning, Carrie"
  13. "Nobody Cares For Me"
  14. "All Night Long"
  15. "Hey, Honey, Right Away"
  16. "You've Got To Die"
  17. "Goodnight Irene"

Mississippi John Hurt 1928 Sessions (Yazoo 1065, Yazoo Records) Side 1

  • "Got the Blues Can’t Be Satisfied"
  • "Louis Collins"
  • "Blue Harvest Blues"
  • "Avalon Blues"
  • "Blessed Be the Name"
  • "Nobody’s Dirty Business"
  • Frankie

Side 2

  • Ain’t no tellin’
  • Big leg blues
  • Stack O’Lee blues
  • Praying on the old camp ground
  • Spike Driver Blues[2]
  • Candy Man Blues


Worried Blues (Piedmont PLP 13161, Piedmont Records)

Side 1

  • Lazy Blues
  • Farther along
  • Sliding delta
  • Nobody cares for me
  • Cow hooking blues

Side 2

  • Talkin’ Casey Jones
  • Weeping and wailing
  • Worried blues
  • Oh Mary don’t you weep
  • I been cryin’ since you been gone

Mississippi John Hurt Today (VSD-79220, Vanguard Records)

Side 1

  • Payday
  • I’m satisfied
  • Candy man
  • Make me a pallet on the floor
  • Talkin’ Casey Jones
  • Corrina, Corrina

Side 2

  • Coffee blues
  • Louis Collins
  • Hot time in the old town tonight
  • If you don’t want me. Baby
  • Spike driver blues[2]
  • Beulah land

Mississippi John Hurt Last Sessions (VSD-79327, Vanguard Records)

Side 1

  • Poor boy long ways from home
  • Boys, you’re welcome
  • Joe Turner blues
  • First shot missed him
  • Farther along
  • Spider, spider
  • Waiting for you
  • Shortnin’ bread

Side 2

  • Trouble, I’ve had it all my days
  • Let the mermaids flirt with me
  • Good mornin’, Carrie
  • Nobody cares for me
  • All night long
  • Hey, Honey, right away
  • You’ve got to die
  • Goodnight, Irene

The Best of Mississippi John Hurt (VSD-19/20, Vanguard Records) Recorded live at Oberlin College April 15, 1966

Side 1

  • Here I am, Oh Lord, send me
  • I shall not be moved
  • Nearer my God to thee
  • Baby what’s wrong with you
  • It ain’t nobody’s business

Side 2

  • Salty dog blues
  • Coffee blues
  • Avalon, my home town
  • Make me a pallet on the floor
  • Since I’ve laid this burden down

Side 1

  • Sliding delta
  • Monday morning blues
  • Richland women blues
  • Candy man
  • Stagolee

Side 2

  • My creole belle
  • CC rider
  • Spanish Fandango
  • Talking casey
  • Chicken
  • You are my sunshine

The Candy Man (QS 5042, Quicksilver Records)

Side 1

  • Richland women blues
  • Trouble, I’ve had it all my days
  • Chicken
  • Coffee blues
  • Monday morning blues

Side 2

  • Frankie and Albert
  • Talking Casey
  • Here I am, Oh Lord, send me
  • Hard time in the old town tonight
  • Spike driver blues[2]

Volume One of a Legacy (CLPS 1068, Piedmont Records)

Side 1

  • Trouble, I’ve had it all my days
  • Pera Lee
  • See See rider
  • Louis Collins
  • Coffee blues
  • Nobody’s dirty business
  • Do Lord remember me
  • Monday morning blues

Side 2

  • Let the mermaids flirt with me
  • Payday
  • Stack-o-lee blues
  • Casey Jones
  • Frankie and Albert

Folk Songs and Blues (PLP 13757, Piedmont Records)

Side 1

  • Avalon blues
  • Richland woman blues
  • Spike driver blues[2]
  • Salty dog
  • Cow hooking blues
  • Spanish Fandang

Side 2

  • Casey Jones
  • Louis Collins
  • Candy Man Blues
  • My Creole belle
  • Liza Jane – God’s unchanging hand
  • Joe Turner blues

[編集]

  1. ^ 誕生の日付にはいくつかの説があるが、 grave では日付に言及している
  2. ^ a b c d e Spike Driver's Bluesはアフリカ系アメリカ人の庶民の英雄のジョン・ヘンリーを歌った

外部リンク[編集]