マールテン・ホッタイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Natuurlijke Historieの表紙

マールテン・ホッタイン(Maarten Houttuyn もしくは Houttuijn、ラテン語表記 Martinus Houttuyn、1720年 - 1798年5月2日)は、オランダ医師博物学者である。リンネの『自然の体系』に影響を受けて、37巻の博物書を出版した。

生涯[編集]

ホールンに出版業者の息子生まれた。ライデン大学医学を学び1749年に学位を得て、しばらくホールンで医者を務めた後アムステルダムに移った。1761年から1785年の間にわたて37巻の植物書、"Natuurlijke Historie of uitvoerige Beschrÿving der Dieren, Planten en Mineraalen, volgens het Samenstel van der Heer Linnaeus"(仮訳『リンネ氏の体系による動物、植物鉱物の自然史』)を出版した。22,000ページで296の図版を含む大著で、リンネの『自然の体系』などの分類学の著書に基づいていた。

ドクダミ科ドクダミ属の学名(Houttuynia)はホッタインに献名されている。

著書[編集]

  • Natuurlijke Historie of uitvoerige Beschrÿving der Dieren, Planten en Mineraalen, volgens het Samenstel van der Heer Linnaeus. 37 巻, Amsterdam 1761–1785.(概要の外部リンク