マールテン・トロンプ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マールテン・トロンプ

マールテン・トロンプ(Maarten Harpertszoon Tromp, 1597年4月23日 - 1653年8月10日)は、オランダの軍人、海軍提督。息子は同じく提督のコルネリス・トロンプ英語版

生涯[編集]

ブリエル英語版に生まれる。幼少の頃から船に乗り、後にオランダ海軍に入る。

八十年戦争[編集]

八十年戦争では1639年ダンケルクの海戦オランダ語版: Action of 18 February 1639)でスペイン艦隊を破り、同年のダウンズの海戦英語版で上陸軍を含むスペイン・ポルトガルの大艦隊を撃破した。

英蘭戦争[編集]

第一次英蘭戦争英語版では1652年5月29日ドーバー沖でトロンプ提督のオランダ艦隊とロバート・ブレイク提督のイングランド艦隊が衝突して開戦の口火が切られるが(ドーバーの海戦英語版)、この時は引き分けに終わりトロンプは一時司令官職を解任され、後任としてウィット提督が任命されたが、ケンティッシュ・ノックの海戦英語版でブレイクに敗北を喫したことでトロンプは復職した。同年12月のダンジュネスの海戦英語版ではブレイク艦隊と再戦して勝利し、オランダに制海権を取り戻した。

しかし、1653年2月から3月にかけて生じたポートランド沖海戦英語版で、ジョージ・マンク提督が率いるイギリス艦隊の前にトロンプは大敗し、オランダは制海権を失った。6月のガッバードの海戦英語版(ノースフォアランドの海戦)でもブレイクに代わって指揮を執ったマンク艦隊に再び敗れて、オランダ沿岸の封鎖を許すこととなった。更に8月には再建途中のオランダ艦隊がマンク艦隊に発見されシェヴェニンゲンの海戦英語版(テル・ヘイデの海戦)が起こり、激戦の末にオランダ艦隊は大きな被害を出しトロンプも戦死したが、イギリス艦隊の損害も大きく沿岸封鎖を続けることは出来なくなった。

トロンプ死後の1654年ウェストミンスター条約が成立し第一次英蘭戦争は終結した。オランダ艦隊はトロンプの下で戦歴を積んだミヒール・デ・ロイテルが引き継ぎ、次の戦争を迎えることとなった。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

ローカル英雄伝 マールテン・トロンプ http://matsumat.web.fc2.com/hero13/page1.htm