ウェストミンスター条約

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウェストミンスター条約(ウェストミンスターじょうやく、英語:Treaty of Westminster)は、イギリスイングランド)・オランダ間とイギリス・プロイセン間にそれぞれ2度ずつ締結された条約。特に第1次条約と第3次条約を指すことが多い。第3次条約はウェストミンスターの和約とも言う。

ウェストミンスター条約 (1462年)[編集]

第1次条約[編集]

1654年4月5日に締結された、第1次英蘭戦争を終結させた講和条約。オランダが航海法を承認することで、公海上でのイギリスの優位を認めると共に、賠償金支払い、ホラント州からのオラニエ=ナッサウ家の排除を決定した。

第2次条約[編集]

イングランドのチャールズ2世ブランデンブルク選帝侯フリードリヒ・ヴィルヘルムとの間で1662年に結ばれた協約。

第3次条約[編集]

1674年2月19日に締結された、第三次英蘭戦争英語版英蘭戦争)を終結させた講和条約。オランダは、フランスとの同盟を離脱したイギリスに対して賠償金20万から25万英ポンド相当(原文ではスペイン銀貨で80万ペソ)を支払い、占領したニューヨークニューアムステルダム)、ニュージャージーなどの北アメリカ植民地をイギリスへ返還することで合意した。  一見、オランダ側不利に見えるが、実際のところ、賠償金はオランダの経済力からすれば端金にすぎず、しかも、この賠償金からスチュワート王家は亡命時代にオランダ政府に負った負債を支払ったので、イングランド側に残った金は僅かだった。また、ニューヨーク等の都市も、もともと和平交渉開始の圧力のためオランダが占領した地域であり、返還することは最初から分かっていた。

3次にわたった英蘭戦争の結果、オランダは経済的に大打撃を受けたが、両国はいずれも決定的な勝利を得られず、中途半端な結果に終わった。

第4次条約[編集]

イギリスとプロイセンフリードリヒ2世との間で1756年1月に結ばれた中立協定。プロイセンとしてはフランスを牽制する狙いがあった。

外部リンク[編集]