ロバート・ブレイク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロバート・ブレイク

ロバート・ブレイク: Robert Blake, 1599年 - 1657年8月17日)は、イギリスサマセット州ブリッジウォーター英語版出身の軍人英蘭戦争時において大きな役割を果たした一人として知られる。

オックスフォード大学ウォドム・カレッジ英語版で学んだ後、ブリッジウォーターに戻る。1640年短期議会の議員に選出され、その後陸軍大佐としてイングランド内戦英蘭戦争で陸海における議会派の指揮をとることとなる。第一次、第二次イングランド内戦では陸戦の指揮を執ったが、1649年ジェネラル・アット・シー(General at Sea)[1]に任命され、以降は艦隊司令官としてイングランド艦隊を率いて王党派の艦隊と戦いを繰り広げた。

1652年、かねてから険悪であったオランダ海軍の艦隊と遭遇。ブレイクは敬礼を要求したもののこれを拒否され、さらに片舷斉射を受けた。これにより海戦に発展し第一次英蘭戦争の戦端が開かれた。この戦いはドーバーの海戦英語版と呼ばれる。その後もオランダ海軍とケンティッシュ・ノックの海戦英語版及びダンジュネスの海戦英語版リヴォルノの海戦英語版ポートランド沖海戦英語版を戦った。ポートランド沖海戦で重傷を負い、その後のガッバードの海戦英語版スヘフェニンゲンの海戦英語版ジョージ・マンクが艦隊の指揮を執った。常勝というわけではなかったが、海戦を通じて単縦陣を用いた艦隊戦術を編み出し大きな戦果を得た。

戦後はバルバリア海賊掃討の任務などに就いた。プリマス沖で死亡し、ウェストミンスター寺院に葬られた。彼の功績を称えていくつかの軍艦にブレイクの名が与えられた。

脚注[編集]

  1. ^ 清教徒革命の際、議会派に積極的に加わった提督が殆ど居らず、イングランド共和国では海軍を指揮する人材が不足したため議会派の大佐クラスの陸軍軍人をジェネラル・アット・シーに任命し、艦隊の指揮をさせた。この制度は王政復古後も暫く続いた。