マーケイター・クーパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マーケイター・クーパー英語:Mercator Cooper、1803年9月29日 - 1872年3月または4月)は公式に日本を訪れた最初のアメリカ人であり、東南極に公式に上陸した最初の人物でもある。

マンハッタン号の日本寄港[編集]

1843年11月9日、クーパーは440トンの捕鯨船マンハッタン(Manhattan)の船長としてニューヨーク州サグハーバー(Sag Harbor)を出港した。1845年3月14日、マンハッタンは小笠原諸島の鳥島[1]で11人、また翌日に漂流中の11人の日本人漂流民を救出した[2]

クーパーは房総半島沖で4人の漂流民をボートで上陸させ、残りの漂流民を港に送り届けたい旨を伝えさせた[3]。日本は鎖国中であり、外国人との接触は嫌がったが(但し、この3年前に天保の薪水給与令がでて、やや柔軟な政策に転換していた)、1845年4月18日に幕府はマーケイター号の浦賀への入港を認めた(マンハッタンは強風のため一旦北方に流されたが、その間に幕府では老中首座の阿部正弘他幕閣の協議があった)。クーパーの日記によると、それぞれ15人が乗った約300隻の日本船に曳航されての入港であった。「我々は全員が武器を預け、帰国までそれは返却されなかった。何人かの高官(一人は江戸詰めの浦賀奉行土岐頼旨)が船を訪れ、彼らは何れも友好的であった。」

日本人は彼の船と、またマンハッタンの乗組員では唯一の黒人であったパイラス・コンサー(Pyrrhus Concer)とアメリカ先住民であるエリーザー(Eleazar)を興味深く調べた。

日本側は、水、コメ20俵、麦2表、小麦粉1箱、さつまいも11俵、鶏50羽、木材、大根、お茶10ポンドを無料で供給し、その他漆器などのおみやげを渡し、漂流民の送還に感謝した。また、クーパーに対して日本に戻ってこないようにとも告げた。

4月21日、300隻の日本船が、マンハッタンを沖合20マイルまで曳航した。

クーパーはこのとき、日本人漂流民が使用していた海図を持ち帰り、1846年10月14日の帰国後に米国政府に提出した。この地図はマシュー・ペリーの1853年の日本来航の際に利用されたと言われている。


南極探検[編集]

1851年、クーパーは捕鯨[4] とアザラシ捕獲のため、382トンのレバント[5] の船長として再びサグハーバーを出港した。ロス海の流氷を抜け、1853年1月26日にクーパーは棚氷が70ないし100マイルに渡って山のようつながる陸地を視認した。翌日もまだ棚氷は見えており、その背後には高い山がそびえ立っていた。マーケイターは陸地に近づき、ボートを降ろすように命令した。彼らは棚氷に降り立ち、そこで無数のペンギンを目撃したものの、目的とするアザラシはいなかった。彼らが上陸した場所は、現在ヴィクトリアランドのオーテス・コーストと呼ばれている。これはほぼ間違いなく「最初の記録された南極大陸」への上陸だった。彼らは数日間大陸が見える位置に滞在した後、2月2日にはバレニー諸島を視認した[6][7][8]。航海の終了後、レバントは中国へ売却された。

このときの航海日誌はニューヨーク州イーストハンプトンビレッジの図書館に保管されている。

1872年クーパーは南米コロンビアバランキヤで死亡した。死亡日は3月23日[9]、または4月24日[10]と言われている。

参照および脚注[編集]

  1. ^ The cited Newsday article refers to the relevant island as St. Peter, a European name for one of the islets (rocks) in the Bonin Islands group.
  2. ^ A Cold Welcome in Japan When an LI ship sailed into Tokyo's bay, it was met with curiosity and hostility by Bill Bleyer - Newsday - Long Island Our Story
  3. ^ The cited Newsday article says four shipwreck survivors went onland to deliver the message. However the Virginia Polytechnic Institute and State thesis Commodore Perry’s 1853 Japanese Expedition: How Whaling Influenced the Event that Revolutionized Japan by Terry Burcin says that Cooper went ashore with two of the shipwrecked Japanese and explored the coast and then returned to his ship to await word.
  4. ^ Starbuck (1878), pp. 490-91. スターバックはクーパーが12560ポンドの鯨ひげを持ち帰ったと述べている。
  5. ^ 同時期に同名の戦闘スループ・レバント( USS Levant)があるが、別の船である。
  6. ^ Mills (2003), pp. 160-61.
  7. ^ Encyclopedia of Antarctica and the Southern Oceans By Bernard (EDT) Stonehouse, p 349 ISBN 0471986658
  8. ^ Antarctic Circle - Antarctic First
  9. ^ Long Island Genealogy
  10. ^ Howell Research

参考文献[編集]

  • 平尾信子『黒船前夜の出会い---捕鯨船長クーパーの来航』日本放送出版協会<NHKブックス706>、1994年。ISBN 978-4140017067