マルガレート・マッツァンティーニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルガレト・マッツァンティーニ
Margaret Mazzantini
Margaret Mazzantini.jpg
誕生 1961年10月27日(53歳)
アイルランドの旗 アイルランド ダブリン
職業 小説家女優
国籍 イタリアの旗 イタリア
活動期間 1980 - 現在
主な受賞歴 ストレーガ賞 (2002)
カンピエッロ賞 (2009)
配偶者 セルジョ・カステリット
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

マルガレト・マッツァンティーニMargaret Mazzantini1961年10月27日 – )は、イタリア人小説家女優である。

1961年、アイルランドダブリン生まれ。5歳の時にイタリアローマへ移った。

2001年の作品『Non ti muovere』(邦題『動かないで』)は2004年に、2008年の作品『Venuto al mondo』は2012年に、夫のセルジョ・カステリット監督、ペネロペ・クルス主演でそれぞれ『赤いアモーレ』『ある愛へと続く旅』として映画化された。

受賞歴[編集]

小説[編集]

  • Ti prendo e ti porto via (Steal You Away), 1999
  • Il Catino Di Zinco, 1994
  • Manola, 1998.
  • Non ti muovere (Don't move)(『動かないで』), 2001
  • Zorro. Un eremita sul marciapiede, 2004
  • Venuto al mondo, 2008

日本語訳された作品[編集]