マリア・サンブラノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリア・サンブラノ

マリア・サンブラノMaría Zambrano, 1904年4月25日 - 1991年2月6日)は、スペインの哲学者。ベレス=マラガ生まれ。

マドリード大学にてホセ・オルテガ・イ・ガセトハビエル・スビリのもとで哲学を学ぶ。その後、1930年にマドリード大学の形而上学講座の助教授となり、哲学を講じる(1930年-1936年)。フランコ政権樹立後は、スペインの多くの知識人たちと同じく、亡命。メキシコプエルトリコキューバイタリアフランススイスなどを転々とし、スペインへの帰国は最晩年のこと、1984年11月20日だった。

サンブラノの思想は、当初はオルテガの「生の哲学」に影響を受けたが、オルテガの「生の理性〔razón vital〕」を「詩の理性〔razón poética〕」へと読みかえて深化させることでオルテガの影響下から離脱し、独自の思想を形成した。そのため、「マドリード学派」のなかでも、オルテガの「異端の弟子」であるとも呼ばれている。

ガルシア・ロルカパブロ・ネルーダオクタビオ・パスアルベール・カミュルネ・シャールらとの親交を通してサンブラノの名はラテンアメリカやヨーロッパでも知られていたが、亡命のためにスペイン国内ではあまり知られず、スペイン国内で広く知られるようになったのは帰国後、1988年に女性初のセルバンテス賞受賞者となってからのことである。それに先立ち1981年にアストゥリアス皇太子賞コミュニケーションおよびヒューマニズム部門を受賞。

なお、無類のネコ好きとしても知られ、30匹ものネコを飼っていたという。

著作[編集]

  • 『自由主義の地平』 Horizontes del liberalismo (1930)
  • 『哲学と詩』 Filosofía y poesía (1939)
  • 『魂に関する知に向かって』 Hacia un saber sobre el alma (1950)
  • 『人間と聖なるもの』 El hombre y lo divino (1953)
  • 『妄想と運命』 Delirio y destino (1953/1989)
  • 『スペイン、夢と真実』 España, sueño y verdad (1965)
  • 『森の空間』 Claros del bosque (1977)
  • 『曙光について』De la aurora (1986)

など。

関連サイト[編集]