マリア・サルヴィアティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マリアと幼いジュリア・デ・メディチ。ポントルモ
Pontormo, Maria Salviati 2.jpg

マリア・サルヴィアティ(Maria Salviati, 1499年7月17日 - 1543年12月29日)は、ジョヴァンニ・デッレ・バンデ・ネーレの妻。

ヤコポ・サルヴィアティとルクレツィア・デ・メディチ(ロレンツォ・デ・メディチの娘)の娘として、フィレンツェで生まれた。1516年にジョヴァンニと結婚。1519年に長男コジモを生んだ。

執筆の途中です この「マリア・サルヴィアティ」は、イタリア歴史関連の書きかけ項目です。この記事を加筆・訂正などして下さる協力者を求めています。(PJイタリア/P:イタリア