マリア・アンナ・フォン・ザクセン=アルテンブルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャウムブルク=リッペ侯夫人マリア・アンナ、1885年頃

マリア・アンナ・フォン・ザクセン=アルテンブルクMaria Anna von Sachsen-Altenburg, 1864年3月14日 アルテンブルク - 1918年5月3日 ビュッケブルク)は、ドイツザクセン=アルテンブルク家の公女で、シャウムブルク=リッペ侯ゲオルクの妻。

ザクセン=アルテンブルク公子モーリッツとその妻でザクセン=マイニンゲン公ベルンハルト2世の娘であるアウグステの間の第1子、長女として生まれた。1882年4月16日にアルテンブルクにおいて、シャウムブルク=リッペ侯家の世継ぎ公子だったゲオルクと結婚する。夫妻はシュタットハーゲンに新しく築かれた城館で暮らし、ゲオルクは1893年に侯位を継いだ。マリア・アンナは教会や学校を援助し、シュタットハーゲンのマリア・アンナ財団(Marie Anna Stift)を創設した。

マリア・アンナは死んだ夫の棺を訪れた際、棺の中で発生していた細菌が原因で敗血症を起こし、亡くなった。そしてビュッケブルク霊廟(Mausoleum Bückeburg)に葬られた。

子女[編集]