モーリッツ・フォン・ザクセン=アルテンブルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

モーリッツ・フォン・ザクセン=アルテンブルクMoritz von Sachsen-Altenburg, 1829年10月24日 - 1907年5月13日)は、ドイツザクセン=アルテンブルク家の公子。全名はモーリッツ・フランツ・フリードリヒ・コンスタンティン・アレクサンダー・ハインリヒ・アウグスト・カール・アルブレヒト (Moritz Franz Friedrich Constantin Alexander Heinrich August Carl Albrecht von Sachsen-Altenburg)。

ザクセン=アルテンブルク公ゲオルクとその妻でメクレンブルク=シュヴェリーン大公世子フリードリヒ・ルートヴィヒの娘であるマリーの間の三男として、テューリンゲンアイゼンベルク (Eisenberg) に生まれた。イェーナドレスデンで教育を受けた後、最初はバイエルン軍に、ついで1851年にプロイセン軍に入隊した。プロイセン軍では近衛驃騎兵連隊 (Garde-Husaren-Regiment) 所属の少尉から軍歴を始め、最終的に騎兵大将 (General der Kavallerie) となった。

東方歴史・考古研究団体の会長も務め、アルテンブルクに設立された博物館はモーリッツの名前に因んでマウリティアヌム (Mauritianum) と呼ばれた。1857年に軍務に専念するため会長職を辞した後も、ボン大学で研究を続けた。普仏戦争では義姉のアルテンブルク公爵夫人アグネスとともにドイツ赤十字社の活動を支援し、後に赤十字社のアルテンブルク支部の名誉支部長となった。

1862年10月15日にマイニンゲンにおいて、ザクセン=マイニンゲン公ベルンハルト2世の娘アウグステ(1843年 - 1919年)と結婚し、1男4女の5人の子供をもうけた。男子のない兄エルンスト1世の後継者に指名されたものの、兄より先にトレントアルコで亡くなった。

子女[編集]

参考文献[編集]

  • Otto Koepert: Moritz, Prinz von Sachsen-Altenburg, Herzog zu Sachsen: ein Lebensbild, Druck und Verlag von Oskar Bonde, 1908
  • Heinrich Ferdinand Schoeppl: Die Herzoge von Sachsen-Altenburg. Bozen 1917, Neudruck Altenburg 1992