ゲオルク (シャウムブルク=リッペ侯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャウムブルク=リッペ侯ゲオルク

シュテファン・アルブレヒト・ゲオルクStephan Albrecht Georg zu Schaumburg-Lippe, 1846年10月10日 ビュッケブルク - 1911年4月24日 ビュッケブルク)は、ドイツシャウムブルク=リッペ侯(在位1893年 - 1911年)。

シャウムブルク=リッペ侯アドルフ1世ゲオルクとその妻でヴァルデック=ピルモント侯ゲオルク2世の娘であるヘルミーネ(1827年 - 1910年)の間の第2子、長男として生まれ、1893年に父の後を継いだ。

1882年4月16日にアルテンブルクにおいて、ザクセン=アルテンブルク公子モーリッツの娘マリア・アンナと結婚し、間に9人の子女をもうけた。

外部リンク[編集]

  • Stammtafel des Hauses Lippe - Zweig Schaumburg-Lippe-Alverdissen [1]