マニカトステークス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

マニカトステークスManikato Stakes)とはオーストラリアビクトリア州メルボルン郊外のムーニーヴァレー競馬場で行われる競馬競走である。

概要[編集]

グレード制ではG1に類される。施行距離は1200メートルで、出走条件は3歳以上のサラブレッド。賞金総額は40万AUD。毎年10月に開催される。

競走名はオーストラリアの歴史的スプリンターマニカトに由来している。創設当初はフリーウェイステークス(Freeway Stakes)という名の競走であったが、1984年にマニカトが死亡したことを受けて、同馬を称えるために名称が変更された。マニカト自身も改名前の同競走に出走しており、2度勝利(1979年1982年)している。

歴史[編集]

  • 1968年 - フリーウェイステークス(Freeway Stakes)の名称で創設。当時の施行距離は6ハロン
  • 1972年 - メートル法の導入により、距離が1200メートルに改定される。
  • 1979年 - グループ2に格付けされる。
  • 1984年 - 競走名をマニカトステークス(Manikato Stakes)に改める。
  • 1989年 - グループ1に昇格。

近年の勝ち馬[編集]

  • 2014 - Lankan Rupee[1]
  • 2013 - Buffering
  • 2012 - Sea Siren
  • 2011 - Sepoy
  • 2010 - Hay List
  • 2009 - Danleigh
  • 2008 - Typhoon Zed
  • 2007 - Gold Edition
  • 2006 - Miss Andretti
  • 2005 - Spark Of Life
  • 2004 - Spark Of Life
  • 2003 - Spinning Hill
  • 2002 - Spinning Hill
  • 2001 - Piavonic
  • 2000 - Sunline
  • 1999 - Redoute's Choice

出典[編集]

  1. ^ 2014年レース結果 - breednet.com、2014年10月26日閲覧