マット・クロス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マット・クロス
Matt Cross October 2012.jpg
プロフィール
リングネーム マット・クロス
M-Dogg 20
スパルタン3000
本名 マシュー "マット" キャピシオーニ
ニックネーム M-Dogg
アイアン
身長 170cm
体重 83kg
誕生日 1980年12月31日(33歳)
出身地 オハイオ州クリーブランド
スポーツ歴 器械体操
トレーナー J.T.ライトニング
デビュー 1999年
テンプレートを表示

マシュー・キャピシオーニMatthew "Matt" Capiccioni1980年12月31日 - )は、アメリカ合衆国の男性プロレスラーマット・クロスMatt Cross)のリングネームで知られる。

経歴[編集]

J.T.ライトニングのコーチを受け、1999年4月25日にEIWでプロレスデビュー。XPWCZWではM-Dogg 20のリングネームで活躍した。2003年にはIWAミッドサウスキング・オブ・ザ・デスマッチに出場し、1回戦で3対3のバトルロイヤルを行うも、そのまま敗退。[1]

2006年10月7日、デトロイトで開催された「モーター・シティ・マッドネス」でROH初登場。2007年からは準レギュラーとして参戦を続け、オースチン・エイリースが率いる「ザ・レジリエンス」のメンバーとしても活動した。現在はレジリエンスの解散に伴いシングルプレイヤーとして活動中。

2006年、MTVのプロレス番組Wrestling Society Xの収録にも参加。テディ・ハートと「ザ・フィルス・アンド・ザ・フューリー」を結成し、現地時間2007年2月13日放送分の同番組で全米デビューを果たした。

2007年、謎のマスクマン「ラプター」としてプロレスリング・ノアへの参戦が発表されていたが、直前になって怪我により来日が中止となった。

2010年7月15日、WWESuperstarsにジョバーとしてジェイミン・カンセコとタッグを組んでヴァンス・アーチャー & カート・ホーキンスと対戦し、敗戦。

2011年、WWE・Tough Enough 5マットの名義で参加。2週目で脱落した。

得意技[編集]

器械体操の下地があるため、アクロバティックな空中技を得意としている。

クロス・ファイヤーM-Doggドロップ
シューティングスター・レッグドロップ。現在の主なフィニッシュ・ムーブである。同型技の使い手は他にも多数存在するが、その中でも抜群の安定感を誇っている。
デス・スターDDT
屈んだ相手の首にシューティングスター・プレスの要領で飛びつき、そのまま極めるDDT。非常に難易度が高いため滅多に使用しない。
デス・フロム・アボーブ(フェニックス・スプラッシュ)
コークスクリュー・シューティングスター・エルボー・ドロップ
シューティングスター・プレス
フラッグポール・プレス
ファイヤーマンズキャリー・ヘッドブリーカー
サスケスペシャル
コークスクリュー・スプリングボード・ムーンサルト
捻りを加えたラ・ケブラーダ。

タイトル歴[編集]

CAPW
  • CAPWジュニアヘビー級王座: 1回
  • CAPWノースアメリカン・タッグチーム王座: 2回
IWAミッドサウス
  • IWAミッドサウス・ヘビー級王座: 1回
IWC
  • IWCタッグチーム王座: 1回
NWA
  • NWAミッドサウス・ヘビー級王座: 1回
  • NWAアップステート・タッグチーム王座: 1回
NEPW
  • NEPWクルーザー級王座: 1回
  • NEPWタッグチーム王座: 1回
UIPW
  • UIPWヘビー級王座: 1回
UWAハードコア・レスリング
  • UWAカナディアン王座: 2回
XPW
  • XPW世界タッグチーム王座: 2回

他多数

出典[編集]

外部リンク[編集]