マスバテ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
赤がマスバテ州の位置。ブーメランの形の島がマスバテ島、その北の小さな島はブリアス島、東の島はティカオ島

マスバテ島Masbate Island)は、フィリピン中部ビコル地方Bicol Region, Region V)に属するマスバテ州の本土といえるである。面積3,268平方km。西にシブヤン海、南にヴィサヤン海、南東にサマール海、北にラガイ湾に囲まれている。農業、漁業のほか、特に牧畜が盛んなことで知られ、ロデオ大会が島の名物である。マスバテ語を話すマスバテ人が住むが、その言語や文化は北に接するルソン島地方と南に隣接したヴィサヤ諸島の両方の影響が混ざり合っている。

マスバテ州都マスバテ市があり、州の主要3島(マスバテ島、ブリアス島ティカオ島)の中で最も大きく、人口も多い。地方自治体マンダオンアロロイプラセルなどがある。