マグネット (ミュージシャン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マグネット
Magnet
}
基本情報
出生名 Even Johansen
出生 1970年6月7日(44歳)
出身地 ノルウェーの旗ノルウェーベルゲン
ジャンル Folk
Pop
Electronic
職業 シンガーソングライター
担当楽器 ボーカルギター
活動期間 2000年~現在
レーベル Hermetix Recordings/Sony BMG
Filter Recordings(US)
Warner Music Norway
共同作業者 Libido
Chocolate Overdose
公式サイト Official website

ボブ・ディラン

マグネットMagnet、本名:Even Johansen、1970年6月7日 - )は、ノルウェーベルゲン生まれのシンガーソングライター

来歴[編集]

父親の影響で6才頃から音楽に目覚める。一家の周囲にはレゲエニュー・ウェイブそしてパンク好きが多く、彼自身も子供の頃はラスタハットを被って出歩いていた。 芸名の「マグネット」とは子供の頃貧血気味だったため、「鉄をひきつけるマグネット」の意がある。

成長後はイギリスに渡り、いくつかのバンドで活動。2000年10月10日、ファーストソロアルバムQuiet & Stillをノルウェーでリリースする(アメリカでは本名名義で2001年5月15日にリリース)。2003年にファーストアルバムの一部の曲を再収録したセカンドアルバムOn Your Sideを日本、ノルウェー、イギリス、ドイツ、オーストラリア、アメリカでリリース。この年、東京と大阪で来日公演を行う。翌年1月、ノルウェー最大の音楽賞「スペルマン賞 Spellemann Prize」の「最優秀男性アーティスト賞」にノミネートされる。

2005年、3枚目のアルバムThe Tourniquetをノルウェー、イギリス、日本、オーストラリア、アメリカでリリース。2度目の来日。翌年1月、「スペルマン賞」の「最優秀男性アーティスト賞」にノミネートされる。

2007年、4枚目のアルバムThe Simple Lifeをノルウェー、イギリス、アメリカでリリース。ノルウェーで初めて1位を獲得する[1]。翌年、「スペルマン賞」の「最優秀男性アーティスト賞」を受賞。 この後はライブやノルウェー国内でのビッグイベントへの出演を中心に活動。その中には2011年ノルディックスキー世界選手権開催中のオスロでの記念イベントやスカンジナビア航空機内38000フィートでのギネスブック挑戦イベントライブ[2]が含まれる。

2011年12月、4年ぶりにアルバムFerrofluidをノルウェーでリリース。BMW・MINIを冠スポンサーとした国内ツアーを精力的に行う。

来日公演[編集]

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

  • Quiet & Still
    • October 10, 2000 – Norway
    • May 15, 2001 – US (the album was released under the title Even Johansen in the US)
  • On Your Side (Magnet album)|On Your Side
    • May 28, 2003 - Japan
    • June 23, 2003 – Norway
    • July 7, 2003 – UK
    • September 28, 2004 – US
  • The Tourniquet
    • May 30, 2005 – Norway
    • August 22, 2005 – UK
    • August 31, 2005 - Japan
    • February 14, 2006 – US
  • The Simple Life (Magnet album)|The Simple Life
    • March 26, 2007 – Norway
    • September 18, 2007 – US
    • March 24, 2008 – UK
  • Ferrofluid
    • Dec 2, 2011 – Norway

シングル[編集]

  • Where Happiness Lives EP (June 3, 2002) (CD, 10")
    1. "Where Happiness Lives"
    2. "I'll Come Along"
    3. "Heaviest Heart"
    4. "Nothing Hurts Now"
  • Chasing Dreams EP (September 23, 2002) (CD, 10")
    1. "Chasing Dreams"
    2. "Little Miss More or Less"
    3. "Home Song"
    4. "I'll Come Along" (Psychonauts Remix)
  • The Day We Left Town EP (April 21, 2003) (CD)
    1. "The Day We Left Town"
    2. "Clean Slate"
    3. "Dead Happy"
    4. "The Big Black Moon"
  • "Last Day of Summer" single (November 24, 2003) (12")
    1. "Last Day of Summer"
    2. "Last Day of Summer" (Tom Middleton Cosmos Vox Remix)
    3. "Last Day of Summer" (Tom Middleton Cosmos Deep Dub)
  • "Lay Lady Lay" single (March 22, 2004)
    • CD:
    1. "Lay Lady Lay" (with Gemma Hayes) (Radio Edit)
    2. "Wish Me Well"
    3. "Last Day of Summer" (Tom Middleton Cosmos Vox Remix)
    4. "Lay Lady Lay" (enhanced video)
    • 7" vinyl:
    1. "Lay Lady Lay" (with Gemma Hayes)
    2. "Clean Slate" (The Bees (UK band) Remix Edit)
  • Minus EP (November 29, 2004) (Norway-only CD)
    1. "Let It Snow"
    2. "Clean Slate"
    3. "Heaviest Heart"
    4. "Dead Happy"
    5. "The Big Black Moon"
    6. "Clean Slate" (The Bees Remix)
  • "Hold On" (August 15, 2005)
    • UK double 7" set:
    1. "Hold On"
    2. "The Mute"
    3. "The Pacemaker"
    4. "Good Mourning"
    • US Tour EP CD:
    1. "Hold On" (Radio Edit)
    2. "The Mute"
    3. "Good Mourning"
    4. "Grinder"
    5. "Hold On" (Metronomy Remix)
    6. "Hold On" (Hans-Peter Lindstrøm Remix)
  • "Fall at Your Feet" (December 5, 2005)
    • CD:
    1. "Fall at Your Feet" (Jack Joseph Puig Mix)
    2. "This Bird Can Never Fly"
    • 7" vinyl:
    1. "Fall at Your Feet"
    2. "Hold On" (Metronomy Remix)
  • Dreamfall: The Longest Journey#Audio Soundtrack EP (April 5, 2006)
    1. "Be With You" (previously unreleased)
    2. "My Darling Curse"
    3. "The Pacemaker"
    4. "Nothing Hurts Now"
  • "Lonely No More" (June 30, 2008)
    1. "Lonely No More"
    2. "Pennydrop"
    3. "1997"
    4. "Selfhelper"

参考文献[編集]

  • 生い立ちについてはセカンドアルバムOn Your Sideの日本盤ライナーノーツ、及び公式ホームページ、ファンサイトのバイオグラフィーより

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

外部リンク[編集]